アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

アルコール関連問題

知識

悲劇を防ぐための知識

「イッキ! イッキ!」が一大ブームとなったのは1984年のことでした。
それ以前から大学生を中心に徐々に広がっていましたが、この年、テレビ番組にイッキ飲みコーナーが登場したり、とんねるずの曲「一気」がヒットし、85年には「イッキ」が日本流行語大賞に選ばれています。
安い居酒屋チェーンの出現も、ブームを後押ししました。

84年には3人の大学生が亡くなったことが報じられています。
その後も、91年には5人の大学生が急性アルコール中毒で亡くなったり、飲酒後に凍死や水死、事故死しました。

翌92年、ASKは遺族とともにFAXと手紙による「イッキ飲み被害110番」を実施し、その分析結果をもとに緊急シンポジウムを開催しました。

これがきっかけで遺族による「イッキ飲み防止連絡協議会」が誕生し、これ以上の犠牲を出したくないと活動を開始。ASKがその事務局をつとめています。

当時、「イッキ飲み被害110番」に寄せられた事例101のうち、まわりにやらされたケースが86%にのぼりました。つまり、イッキ飲みというよりも実態は「イッキ飲ませ」だったのです。
こうした強制はまさに、アルコール・ハラスメントではないか!……ASKと協議会は、活動の中で「アルハラ」という概念を提唱し、広めてきました。

このように活動の中で生まれてきた「ぜひ知ってほしい」知識や、遺族の方々の心からの訴えをご紹介します。

このページを、イッキ飲ませで亡くなった方々に捧げます。
加来 聡(かく さとし)さん、山口 倫弘(やまぐち ともひろ)さん、石谷 直之(いしたに なおゆき)さん、向井 大輔(むかい だいすけ)さん、牧野 拓之(まきの ひろゆき)さん、平賀 丈裕(ひらが たけひろ)さん、青山 智英(あおやま ともひで)さん、吉田 拓郎(よしだ たくろう)さん、和田達典(わだ たつのり)さん、榊本啓伊(さかきもと よしただ)さん、村田英貴(むらた えいき)さん、高原滉(たかはらあきら)さん、登森勇斗(ともり はやと)さん

2020年も「イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン」を実施しています!

 

悲劇を防ぐための知識

いつもどおりの楽しい飲み会のはずが、いつの間にか「危険な飲み会」になってしまっていませんか?
アルハラの定義5項目
飲み会主催者・参加者の「5つの責任」
あなたのアルハラ度セルフチェック
こんな人は飲まない、飲ませないで!
アルコールに対する体質の特徴
「酔い」のメカニズム4段階
アルコールの分解スピード
酔いつぶれた人の命を救う4回のチャンス
イッキ飲み法律学

アルハラ防止 ガイドライン《モデルプラン》
ASKでは、2000年に「アルハラ防止ガイドライン」を提唱しました。
それぞれの組織に合わせて使えるように工夫しています。

アルハラ防止6つのポイント
アルハラを防止するためには、伝統や固定観念などの打破と、アルハラが人の生命に関わるという認識が重要です。6つのポイントを押さえましょう。

「あなたの隠れアルハラ度」チェックリスト
実態調査「アルハラ110番」に寄せられた被害の実態をもとに、そこに共通して見られた「アルコールにまつわる固定観念」をリスト化しました。チェック項目のうち、1つでも思い当たったら、あなたはアルハラをする危険性があります。

「アルハラ防止のための工夫」まとめ(2016年)