アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

ネット・ゲーム依存

知識

WHOが病気と認定

WHO(世界保健機関)による国際疾病分類の最新版「ICD-11」で、いわゆるゲーム依存が「ゲーム障害」の病名で依存症分野に加わりました。
この疾病分類は2022年から適用となります。

診断項目は次のようなものです。
(1)ゲームをする頻度や時間を自分でコントロールできない
(2)日常生活の中でゲームを何より優先している
(3)仕事・学業・健康などに支障が出ているのにやめられない
(4)この状態が12ヵ月以上続く
(症状の程度が甚だしい場合は(4)を満たさなくても診断できる)

ゲーム障害については、発達障害との相関の高さ、若年層が多いことから支援の工夫が必要であること、暴力がある場合を含め親へのアプローチの重要性などが言われています。

ハマりやすいゲームの特徴

ここで上げる要素があれば、必ずハマるというものではありません。
ですが、少なくともヒットしていて多くのプレイヤーがハマるゲームには、これらの特徴が備わっていることが多いです。

基本的なゲームとしての作りがしっかりしていて、さらにこれらの特徴を備えているゲームだとリスク要因が高まるとだけ覚えてください。

「ゲーム内コミュニティ」がある

大多数のプレイヤーが集って遊ぶMassively Multiplayer Online Role-Playing Game、マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム(MMORPG)などはゲーム内に様々なコミュニティがあります。
皆でチャット会話しながらプレイするゲームはとても楽しいものです。
これらのMMORPGは既に知り合っている友達同士で始めるとプレイが長期間にわたって継続することが多いです。

「コレクション要素」がある

最近のアプリゲームでは、ゲームの中で様々なカードを駆使し、所有しているカードの種類がその人の強さに繋がりやすい設計になっているものがあります。
また、美しいイラストのカードはコレクション欲をかき立てます。無料プレイでも少しずつカードを集めることができますが、課金でカードを購入することが可能です。これらの課金に手を出してしまうと、せっかくお金を使ってしまったからもったいなくてなかなかやめられないという感情も生まれます。

「人対人の対戦モード」がある

上記のコレクション要素のあるようなカードゲームでは、交互にカードを出し合って、そのカードの効果で敵を倒したり、お互いの手札やカードの組み合わせを読み合ったりする、非常に高度な戦略性を備えたものがあります。
対戦自体にはお金はかかりませんし、戦えば戦うほど自身のスキルや判断力も磨かれるため、上手くなるために1日何十試合もプレイする人もいます。
無味乾燥なコンピューター相手ではなく、人の思考との対戦が楽しいというのは将棋や囲碁などと同じです。

「チームプレイ」ができる

欧米でも大きなムーブメントとなりつつあるe-スポーツは、個人対個人の種目もありますが、チーム対チームでプレイする種目も非常に活気があります。
チームでプレイすることによって、メンバーそれぞれの役割分担が明確になると、より自分の役割に特化したスキル向上の意識や、チームへの貢献の意識が生まれます。それらは部活動にも似たモチベーションを生み出すことが多くあり、企業側も大会などを催すことによって、そのモチベーションを高める施策を実施しています。