アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

ギャンブル依存

IR関連法による「カジノ解禁」の論議で、にわかに注目されたギャンブル依存症の問題。
実はカジノがなくても、とっくに日本は「ギャンブル大国」なのです。
サンダル履きで入れるカジノ、つまりパチンコ店が、日本列島津々浦々どこにでもあるからです。これは「ギャンブル」への敷居が低い背景のひとつとなっています。

2016年12月、厚生労働省に「依存症対策推進本部」が設置されました。
「アルコール健康障害対策チーム」「薬物依存症対策チーム」「ギャンブル等依存症対策チーム」の3チームで構成されています。
(ギャンブルのみ名称に「等」が入っているのは、パチンコ・パチスロが公式にはギャンブルとされていないからです)