HOME
 
アルコール健康障害対策基本法
 
アルコール依存症
 
うつ・自殺とアルコール
 
薬物乱用
 
イッキ・アルハラ
 
飲酒運転
 
AC
 
妊娠とアルコール
 
予防プログラム
 
自分らしく生きるための道具箱
 
アスク・キッズ
 
アルコール・ルパンを追え!
 
ASKの本
 
目次
 
<管理者研修>
新しい視点での飲酒運転防止対策
飲酒運転防止は運転手の「生活習慣」と密接にからみあう問題があるため、管理強化や処罰だけでは十分な効果をあげることができません。br> しかし、予防教育的アプローチを組み合わせることで、運転手自らが飲酒習慣を変えようという意欲を高めることができます。
また、管理者がアルコール問題について知ることで、問題を早期に発見し、適切に対応することが可能になります。

管理者研修は、運輸会社などの現場長・助役・管理職・運行管理者・人事研修担当者・健康管理職などを対象にした、4〜5時間の集中プログラム。ASKから専門の講師を派遣します。
集中講座とグループワークを組み合わせ、現場での予防啓発・指導や、問題の早期対応にすぐに役立てていただける内容になっています。
(※画像は研修教材から)

パワーポイントのサンプル
パワーポイントのサンプル
パワーポイントのサンプル

プログラムの例(5時間)
概 論 ・進む厳罰化(法律改正の動き)
・酒気帯び防止―水際作戦のむずかしさ
・酒気帯び運転の背景
・セルフケアの視点=運転手自身にしかできない事故対策
・総合的な飲酒運転防止対策とは?
・長年の飲酒習慣を一人で変えるのはむずかしい!
・検知に反応した運転手に対するあるバス会社の対処
30分
【集中講座】
必須の予防知識
・アルコールと体質(体質判定テスト
・リスクが低い飲酒量、リスクが跳ね上がる飲酒量
・アルコールの1単位と処理時間
・長年の飲酒による生活習慣病
・体内でのアルコールのゆくえ/酔いの段階と「脳のマヒ」
・アルコールと運転/こんなにわずかな量でも影響が
・「寝酒」の落とし穴
・アルコール依存症の自己チェック
60分
【集中講座】
飲酒問題への早期対応
・アルコール依存症<常識クイズ>
・薬物としてのアルコール/依存症になりやすい飲み方
・アルコール依存症の進行プロセス/決め手となる症状
・周囲の間違った対応/対応の原則
60分
・セルフケアの効果…飲酒習慣を変えることで何が変わるか?
・危険な飲酒パターンから抜け出す方法
グループワーク ・小グループでの事例検討/予防のメニューづくり
・発表
180分
 
<管理者研修>介入編>
飲酒運転とアルコール依存症 
早期発見から介入へ
飲酒運転の背景には、アルコール依存症とその予備群の問題が隠れています。
対策において何よりも大切なのは、管理者が病気について正しい認識をもち、それを職場に広めることです。誤解や偏見を持ったまま対応すると以下のような問題が起きてきます。
・職場から排除する動きになってしまう
・身を守るために、本人の否認が強まり、介入がうまくいかない
・治療後の職場復帰がうまくいかず、再発につながる
・予防対策がとられず、アルコール依存症を助長する職場の風土がそのまま温存される(多量飲酒とアルコール依存症は別モノではなく、多くの「酒好き」が予備群の状態なのです)
また、介入についても「適切なやり方」があります。
この管理者研修は、集中講座とDVD、グループワークを組み合わせ、必要な知識とノウハウを具体的に身につけていただく内容になっています。ASKから専門の講師を派遣します。
プログラムの例(5時間)
【集中講座】
アルコール依存症
早期発見に必要な知識
・アルコール依存症<常識クイズ>
・薬物としてのアルコール/依存症になりやすい飲み方
・進行プロセス(習慣飲酒から依存症へ―境目はどこにあるのか?)
・危ない兆候/決め手となる症状
・本人の否認と周囲の間違った対応/対応の原則
・治療と相談先
60分
グループワーク ・依存症が背景にある飲酒運転<ケーススタディ>
・職場で早期発見するためのチェックリスト
60分
DVD視聴 「助けを求めない人をどう援助するか?」
第1巻・否認の心理とイネイブリング
第2巻・上手な介入の実際
90分
グループワーク ・介入に向けての準備
・関係者の調整とチームづくり
・専門機関への受診を勧める<ロールプレイ>
120分
<運転手向け研修>アルコール予防教育プログラム
セルフケア・スクール
運輸業界では飲酒運転防止意識の高まりから管理の強化策が打ち出され、各社で乗務の前後に厳重なアルコール検知が行なわれるようになっています。そうした「管理対策」に「教育的アプローチ」を加味することで、予防効果をアップさせようというのが、「セルフケア・スクール」です。ASKから専門の講師が出張して行ないます。
当プログラムは、飲酒傾向の強い運転手を対象に、リスクが高い飲酒習慣を自発的に変容するよう促すことを目的としています。


<プログラムで強調しているポイント>
【1】事故防止対策のうち、運転手の健康管理(生活管理)は本人にしかできず、飲酒運転防止のみならず生活習慣病予防の観点からも、「飲酒習慣の見直し」が最重点課題であること
【2】「飲酒を助長する社会的背景」と「酒気帯びに至る心
理的背景」をよく理解し、一人一人が具体的な対抗策をもつ必要があること

【3】体・心・社会生活と多岐にわたるアルコールの影響を、自分に照らして理解すること
【4】アルコール依存症の初期の兆候、進行していくメカニズム
【5】リスクの低い飲酒の目安、節酒のポイント
【6】睡眠やストレス解消について、飲酒以外の手段をもつこと
【7】家族の命を奪われた被害者遺族の悲しみ・苦しみに触れること
プログラムの特長

【1】基本プログラムは1回3時間で、1〜2ヵ月に1回行ない、6回の出席を義務づける。
短期間に集中して行なうのではなく、できれば1年、最低でも6ヵ月かけることが望ましい。それは、節酒の習慣が定着し、仕事・健康・家族関係・生活の中でよい実感を得られるだけの期間フォローする必要があるため。状況により、プログラムを4回に短縮することは可能)
【2】新たな参加者が途中から加わることを前提としている。(どの回から受講してもいい構成)
【3】回ごとに書き込み式のテキスト(小テスト付)を用意。
【4】毎回冒頭で「アルコール問題の常識クイズ」を実施、その解説を行なうことで、角度を変えつつ繰り返し知識を入れる。また、3人に「常識クイズ」を実施するという宿題を出すことで、本人にとっての知識の定着と、周辺への認識普及の一挙両得を図る。
【5】6つの「集中講座」により、幅広い予防知識を得られる。(4回に短縮する場合は*の講座のみ)
   アルコールと体*
   アルコールと睡眠*
   アルコールと事故*
   アルコール依存症*
   お酒の決算書
   断わり方の研究  

【6】グループでの事例検討や体験の分かちあいなど、「読む・聞く・見る・話し合う・経験する」を組み合わせた参加型の学習形態で、記憶の定着化と行動変容を目指す。
【7】飲酒習慣の変容を確実に促すため、毎回、各自が行動計画を作成し、実行を宿題とする。
・こんなに効果がある! 「セルフケア・スクール」(調査)
・「セルフケア・スクール」の中身と参加者の声
飲酒運転対策関連研修
研修の
種類
対 象 対象
人数
時 間
管理者研修 運輸会社などの現場長・助役・管理職・運行管理者・人事研修担当者・健康管理職
一般企業や自治体の管理職・安全運転管理者など
5〜30名程度 4〜5時間×1回
セルフケアスクール プロ運転手(飲酒傾向の強い方たちが主な対象。知識だけでなく、飲酒習慣を変えていくことを目的としています) 5〜20名程度 3時間×6回
(隔月あるいは月例)
講 演 社員・職員
一般
特定せず 1〜2時間程度
料金等につきましては、お問い合わせください。 TEL.03-3249-2551
企画 <特定非営利活動法人アスク>飲酒運転対策特別委員会
実施 (株)アスク・ヒューマン・ケア
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-16-7 友泉日本橋浜町ビル7F
電話: 03−3249−2551
Eメール:ask-ddd★a-h-c.jp
※スパム対策のため、メールアドレスは「@」を「★」にしてあります。
送信の際は「★」を「@」に直して送信してください。