飲酒運転防止インストラクター養成講座 企画・実施 特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)

 後援:内閣府/警察庁/法務省/国土交通省/厚生労働省/文部科学省/
    (一財)全日本交通安全協会/(公社)日本バス協会/(公社)全日本トラック協会/(一社)全国ハイヤー・タクシー連合会/
    (一財)日本交通安全教育普及協会/(一社)全日本指定自動車教習所協会連合会/(一社)全国届出自動車教習所協会/(一社)日本自動車工業会
 協賛:東海電子(株)/フィガロ技研(株)/サンコーテクノ(株)/(株)タニタ/中央自動車工業(株)/フクダ電子(株)

厳罰化だけでは、飲酒運転は防げません。
それは、飲酒運転の背景に、アルコールについての認識の欠如、飲酒習慣の問題など、
モラルに訴えるだけでは解決できない複雑な要素があるため。
今、日本に欠けている飲酒運転防止対策は「アルコール教育」です。
「飲酒運転防止インストラクター」とは、職場や地域での対応を心得た上で、DVDを使った参加型研修を実施し、アルコールの基礎知識や節酒の方法を広める人。
この活動は、飲酒運転防止に効果を上げるのはもちろんのこと、メタボや生活習慣病、うつなどの原因ともなる「多量飲酒」の抑制にもつながります。
 ASKでは25周年記念事業として2008年に開始し、8年間で2600人の「認定インストラクター」を養成しました。
 社会的ニーズの高まりに応え、今年度も引き続き日本損害保険協会の助成と企業協賛により養成講座を実施します。認定まで18,500円で受講でき、スクーリングは全国10地区で開催予定です。
2016年度第9期生のお申し込み受付中!
※助成枠外でも受講可能です。まずはお問い合わせください。
Tel.03-3249-2551 飲酒運転防止インストラクター養成講座 係
ASK認定飲酒運転防止インストラクターの人数

インストラクターが行なった初回研修の参加者は、第8期4960名になります。

3つのステップ
ステップ1
ステップ2
ステップ3
次の3つの条件を満たす人なら誰でも応募できます!

(1)職場や教育機関・地域などで飲酒運転防止に取り組みたい方

(2)養成講座のプログラムを期限内に修了する意志のある方

(3)パソコンやDVDの操作ができる方

※詳しくはこちら
受講料は12,500円
※詳しくはこちら
【特定非営利活動法人アスクについて】

 1983年に設立。25年に渡り、アルコール問題の予防に取り組んできたNPO。飲酒運転防止については、2005年に飲酒運転対策特別委員会(委員長:山村陽一)を設置し、「教育的アプローチ」に焦点を当てた活動を展開。詳しくはASKの「飲酒運転防止のページ」をごらんください。

〔飲酒運転防止に関する主な活動〕  

  • 日本損害保険協会発行「飲酒運転防止マニュアル」への執筆協力(66万部以上配布)
  •  
  • 職業ドライバー向けの予防教育プログラム「セルフケアスクール」と「管理者研修」の実施
  •  
  • 「飲酒運転防止 通信スクール」の開発
  •  
  • 「職場の飲酒運転対策メルマガ」の発行
  •  
  • アメリカ・オーストラリアの違反者教育プログラムの視察
  •  
  • 内閣府や国土交通省主催のシンポジウム、法務省の研修で講師を務め、国の常習飲酒運転者対策推進会議にも有識者として 招聘
職場の飲酒運転対策チェック!7つのチェックで職場の対策を点検!役立つツールや研修の紹介も!

「ASK 飲酒運転防止プロジェクト」最新のニュースなど話題満載!
リンク
   
   
   
かんたんジェルパッチ
アルコール通信講座