ロゴ
依存症オンラインルーム
依存症オンラインルーム

発足の経緯

オンラインルーム初期 「依存症オンラインルーム」は、ASK認定依存症予防教育アドバイザーによる、依存症の進行・再発予防をめざす自主活動。いわばオンライン上の自助グループです。
発足は、2020年4月、コロナ禍による1回目の緊急事態宣言下。きっかけは、通常の自助グループが開催できなくなったことでした。異なる自助グループに属するアルコール・薬物・ギャンブルの当事者メンバーたちが、オンラインで活動しようと声をかけあい、A・D・N・Gの4つのルームがスタートしたのです。
5月には、家族メンバーが動き、DとNにそれぞれ家族専用のルームが誕生。
10月にはネット・ゲーム依存の当事者によるNGが加わり、5つのルームになりました。
DとNには、女性専用(性自認が女性の方を含め)のルームもできました。

運営方針

「依存症オンラインルーム」の特長は、ホストが全員、ASK認定依存症予防教育アドバイザーであることです。各ルームは独立して自主的に運営しており、お互いにゆるく連携しています。ASKはZoomアカウントを提供し広報を受け持っていますが、運営には関わりません。
各ルームは、基本的に運営メンバーたちが所属する自助グループのやり方を踏襲しつつ、スカイプなどによるチャット(文字)とZoomミーティングを併用して活動しています。
参加者はメールでの受付後、まずチャットルームへ、そのあとZoomミーティング・例会へという流れになります。N(薬物)はZoomミーティングのみです。

依存症オンラインルームの運営方針

  1. ASK認定依存症予防教育アドバイザーによる自主活動である(ホストは全員、アドバイザー)
  2. ASKは有料のZoomプロアカウントの提供と広報によって、活動を支援する
  3. 各ルームは独立しており、運営方法やガイドラインも各ルームで決める(所属する自助グループのやり方を基本にしつつ、ルーム運営メンバーで話し合っていく)
  4. 運営メンバーは全体グループで情報を共有しあい、ゆるく連携していく
  5. 安全性の確保のため、SkypeやZoomのID・パスワードは一般公開しない(簡単な自己紹介をメールで送ってもらい、受付後に、チャットルームやミーティング・例会に招待する方式をとる)

思いがけない効果

医療機関や保護観察所などからの紹介で、参加する人が相次いでいます。医療機関の中には、スタッフがオンラインをつなぎ患者さんを参加させてくれるところもあります。
うれしいことに、ルーム参加者の中から、実際の自助グループにつながる人も出てきました。
専門医療機関も自助グループもない離島からの参加。幼い子どもをもつシングルマザーや、夜間の外出がむずかしい高齢者の参加。海外赴任地からの参加。そして、家族のルームにつながった配偶者に誘われて依存症当事者が画面に登場するなど……。
これはすごい! 私たちは、大きな手ごたえを感じました。もしかすると、これは、自助グループを補完する活動になるのではないか!
ルーム間の連携が、大きなメリットであることも実感しました。たとえば、アルコール依存症で、ギャンブルや処方薬の問題もある場合は、他のルームにも紹介できます。なにか問題が起きたら、全体グループで相談すれば、他のルームの経験を聞くことができます。
2020年5月25日、1回目の緊急事態宣言が解除された日に、私たちは全体グループで、依存症オンラインルームを続けるかどうか話し合いました。結論は、全員一致で継続。そのときにあげられた理由が以下です。

私たちが「依存症オンラインルーム」を続ける理由

  1. 地域の自助グループは再開されているが、通常に戻ったとは言えない状態。「コロナの時代を共に生きる」ため、オンラインでつながる場をキープしておく必要がある。
  2. オンラインにはどこからでも集えるよさがあり、遠くの仲間にも会え、自助グループがない地域からもスマホさえあれば参加できる。介護や子育て、障害があるなど、外出がむずかしい状況でも参加できる。
  3. オンラインルームに参加したことを契機に、リアルの自助グループにつながる例も多く出ており、橋渡し効果が期待できる。
  4. コロナ禍で入院患者さんが地域の自助グループにつながれない状況があり、医療機関からの紹介が増えている。また、医療機関とオンラインでつながり体験発表を出前するなど、メッセージ活動の機会もある。
  5. Zoomミーティングについては、医療・福祉などからの参加が可能なルームもあり、支援者に自助グループを体験してもらうことができる。

各ルームの活動状況と参加申し込みフォーム

活動状況は、基本2021年7月末時点のものです。
参加ご希望の方は、各ルームの参加申し込みフォームからお申し込みください。担当者から、ご案内の返信が届きます。支援者のオブザーバー参加についても、各ルームにお問い合わせください。

参加申し込みフォーム


Skypeチャット(24時間)+Zoom架け橋ミーティング(毎朝6:30~7:00)
アルコール依存症当事者のオンラインルーム(アノニマス系)です。受付後、Skypeグループチャットにご案内します。
また、「Zoomオンライン回復の架け橋ミーティング」をアルコール依存症で入院中の方を対象に、毎朝30分間、休みなくやっています。アノニマス系自助グループへの橋渡しが目的です。ミーティングの司会も輪番制にして、参加者全体で一体感をもてるミーティングになっています。参加者が多くなりすぎて、現在は、退院後自助グループに繫がった方には卒業してもらっています。そのため毎日曜午後6時に、卒業された仲間も集える1時間半の「回復の架け橋オリジナルミーティング」を開いています。また、卒業された方たちが新しいグループを創ったりと、回復している仲間の輪がどんどん広がっています。

Skypeチャット(24時間)+合同Zoom断酒例会(火金19:00〜21:00)
アルコール依存症当事者と家族のオンラインルーム(断酒会系)です。SkypeチャットはⅮ/DA/DFの3つに分かれており、受付は別々です。一方、Zoom断酒例会は合同で行なっているのが大きな特色です。
合同のZoom断酒例会は週2回夜間に開催しており、2021年7月末で延べ約4300人が参加されました。専門医療機関から、看護師さんと数名の入院患者さんが参加してくださっています。退院後、リアル断酒会に入会された方もいらっしゃいます。海外からの参加者もおられます。80歳でZoomを覚え「毎回参加して生活の活力になってます」との報告もあります。また、まず家族がつながり、その後に当事者と一緒に同じ画面で合同断酒例会に参加されたり、その逆のケースもあります。合同例会ならではの心温まる光景です。

RoomD(アルコール依存症当事者/断酒会系)
参加申し込みフォーム

(受付:浅井)

アルコール依存症当事者対象の2つのSkypeチャットがあります。受付後は、交流の場である『RoomⅮアルコール依存症(断酒会)』へ。現在の困りごとは『RoomⅮ飲酒問題を考える!』のほうに書き込みます。基本的に「書きっぱなし、読みっぱなし」で、アドバイスはせず、それぞれが酒害体験を書き込み、お互いに参考にしあっています。合同のZoom断酒例会後に、言い足りなかったことをチャットに書き込み、交流することもできます。

RoomDA(アルコール依存症女性当事者のみ/断酒会系)
参加申し込みフォーム

(受付:上堂薗 かみどうぞの)

アルコール依存症の女性のみ(性自認が女性の方含む)のSkypeチャットルームです。日常的な挨拶や、女性特有の症状、家庭や人間関係の悩み、自分の体験などをやり取りしています。基本的には「書きっぱなし読みっぱなし」ですが、悩みを共有したり、励ましあったり、エールを送ったり、「断酒」という一つの目的をもって集まっているので、お互いにつかず離れず、自分なりのペースで活用しています。参加された方からは、「私と同じ方がいっぱいいる、止められるかもしれない!」「安心感がある」「男の人には理解してもらえないことが話せる」という感想をいただいています。

RoomDF(アルコール依存症家族/断酒会系)
参加申し込みフォーム

(受付:田辺)

アルコール依存症の家族限定のSkypeチャットルームです。開設以来、71名の方が参加。最近は、定年後のアルコール依存症の親を持つ子どもの立場の方が増加傾向にあります。参加者の方々から、「子どもが小さいので、オンラインで参加できるのが大変ありがたい」「時間を気にせずカキコミができる」「家族としての苦しみを分かち合える」「孤独感がうすれ励まされた」「モヤモヤした心を整理できた」「共感し合っていくことで、深い心の傷が少しずつ癒されている」「仲間がいるというだけで安心感が生まれた」等の感想をいただいています。
最近では、合同Zoom例会に平均して13名が参加されています。

薬物依存症当事者と家族のオンラインルームです。チャットはやっておらず、N/N女/NFの3つのルームがそれぞれZoomミーティングを開いています。受付は別々です。

Room N(薬物依存症当事者)
参加申し込みフォーム

(受付:栃原)

Zoomミーティング(週1不定 19:00〜20:30)
薬物依存症当事者のZoomミーティングを週1で開催しています。最近は専門病院からの紹介で入院中からつながってくる仲間が多く、退院後もつながり続けてくれています。また、保護観察所などから紹介され、ミーティングが全く初めてのメンバーもいます。ここでは使用しているかどうかは問いません。正直でいてもよい居場所を目指してゆっくり歩いていますので、ご興味のある方はぜひ一度ご参加ください。

Room N女(薬物依存症女性当事者)
参加申し込みフォーム

(受付:Bono)

Zoomミーティング(隔週火 21:00〜22:30)
薬物依存症の女性(性自認が女性の方含む)のZoomクローズドミーティングです。男性のいる場では話せないことも、安心して分かち合える場です。現在は2週間に1回の頻度で開催しています。市販・処方・違法問わず、薬物に関する悩みを抱えている女性は、どうぞ気軽にご連絡ください。

Room NF(家族)
参加申し込みフォーム

(受付:近藤)

Zoomミーティング(隔週月・金 20:00〜21:30 ビギナータイム19:30~)
薬物依存症の家族向けに、隔週で月と金、2つのZoomミーティングを開催しています。インターネット経由で少しずつ新しい参加者が増えてきました。海外からの問い合わせもあります。自助グループは初めての方もいて、他の人の話を聞いてみたいと参加されています。家族の受け皿が少なく、孤立している状況があります。細々とでも、続けていく価値があると感じています。

参加申し込みフォーム

(受付:佐伯)

Skypeチャット(24時間)+Zoomミーティング(木曜22:00〜23:00)
ギャンブル依存症当事者のオンラインルームです。受付後、Skypeグループチャットにご案内します。ZoomミーティングのURL等はSkypeグループで毎週案内をしています。
2021年8月時点ではZoomミーティングを10名強の参加者で分かち合いをしています。地方にいてGAに参加できない方や、海外にいて日本語のミーティングに行けない方も参加しています。また、GAに行ったことがなくてもギャンブルが止まっている仲間や、感染拡大の状況でもこのRoomがあるから助かると言ってくれる仲間がいます。皆さんと一緒にギャンブルをやめ続けてみませんか。お気軽に参加をお待ちしています。

参加申し込みフォーム

(受付:白水 しろうず)

Skypeチャット(24時間)+Zoomミーティング(水曜20:30〜21:30)
ネット・ゲーム依存症当事者のオンラインルームです。新しい仲間が増えたことに伴い、Skypeチャットが活発になり、仲間同士刺激を受けているように思います。ゲーム依存の方が入院されている医療機関から、詳細を知りたいとの連絡をいただいたり、スクールカウンセラーから参加希望の連絡をいただきました。まだ医療機関経由の当事者の参加はありませんが、支援者との連携がこれから増えていけばと思います。


なお、「依存症オンラインルーム」は、ASK認定依存症予防教育アドバイザーがホストを務める、以下のオンライングループと連携しています。

参加申し込みフォーム

摂食障害女性当事者(受付:岩佐)

参加申し込みフォーム

摂食障害男性当事者(受付:藤原)

LINEチャット(24時間/第1・3・5火夜チャットミーティング)+Zoomミーティング(第2・4火夜)
摂食障害当事者のオンラインルームです。参加者・閲覧者は40人程度。アンケート調査を実施した結果、チャットだけの参加やZoomカメラオフ有りの自由さ、安全性・質も高いと好評です。
当事者以外のLINEオープンチャットもあります

お問い合わせフォーム


LINEオープンチャット(週1/2時間)+フリーミーティング(週2回程度/30分)
アダルトチルドレン中心で、様々な生きづらさをテーマにしたミーティングを、LINEオープンチャットで開催しています。LINE登録数270人、ミーティング参加者・閲覧者は30〜50人程度です。2019年8月の運営開始から2年目になります。文字のみのミーティングなので気軽に参加でき、様々な方にお越しいただいてます。顔が見えないからこそ話しやすいと好評です。

各ルームの受付メールアドレス一覧です。「参加申し込みフォーム」は、そのルームの受付担当者に届きます。
もし、返信が届かないなどの問題がありましたら、直接メールでお問い合わせください。

【アルコール依存症 アノニマス系】
Room A:123cookai12aa@gmail.com

【アルコール依存症 断酒会系】
Room D:nana19640229@gmail.com
Room DA:askroomda@gmail.com
Room DF:mugana@msn.com

【薬物依存症】
Room N:nesm@t-darc.com
Room N女:room.njyo@gmail.com
Room NF:vilavid6@hotmail.com

【ギャンブル依存症】
Room G:toru.saeki.0506@gmail.com

【ネット・ゲーム依存症】
Room NG:ask.roomng@gmail.com

【摂食障害】
Room E
男性当事者 roome.ask@gmail.com
女性当事者 y_iwasa@hotmail.co.jp

依存症オンラインルーム紹介用ポスター

医療機関等での掲示にご協力ください。

依存症オンラインルームポスター
ポスターはこちらからダウンロードできます (PDF 3.3MB)