アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

活動履歴

平成30年3月15日(木)「平成29年度 ネット安全安心全国推進フォーラム」にASKスタッフが参加しました。

平成30年3月15日(木)に文部科学省旧庁舎第2講堂にて開催された「平成29年度 ネット安全安心全国推進フォーラム」にASKスタッフ芳山も参加しました。

前半の事例発表では、コーディネーターの竹内 和雄さん(兵庫県立大学 環境人間学部 准教授)の進行で、「ネットを通じた子供の犯罪被害について」や、「青少年教育施設を活用したネット依存対策推進事業セルフディスカバリーキャンプ」「ネット利用の低年齢化を踏まえた啓発の取組について」などが発表されました。

「青少年のネットトラブル防止大作戦(ひょうごケータイ・スマホワークショップ)」の発表では、実際にワークショップに参加した中学生・高校生や、スマホサミットで司会を務めた中学生が当時を振り返りながら、自分たちの気付きや提言を発表していきます。

その中で、ある高校生がスマホサミットを振り返り、
「サミットで語られる中高生の利用実態を笑いながら聞いている大人がいました。私たちにとっては深刻な問題で、大人も真剣に聞いてほしい。大人もちゃんと考えてほしい。」
という言葉が非常に印象的でした。

後半のカンファレンスは、ワークショップ形式で、以下の4つのテーマに分かれ、テーブルのメンバーと議論を交わしました。
「ネットトラブル・犯罪被害を防ぐための対策」
「ネット依存についての対策」
「学校や家庭で中高生と共に考えるルール作り・対策」
「ネット利用の低年齢化についての対策」

ASKスタッフ芳山の参加したテーブルには、年配の男性の他にも中学生・高校生・大学生が着座していました。
この日のために早朝の新幹線で兵庫県から駆け付けたそうです。

参加したテーブルの取り組んだ「ネット依存についての対策」についても、中学生・高校生から
現状に対しては、
「大人も定義がわかっていない」
「家庭でのコミュニケーション不足」
「自身の依存に気付いていない」
「大人もネットを使いすぎている」
対策に対しては、
「アプリなどのインストール時に親に確認」
「利用する時間を決める」
「(ながらスマホなどで)起きる事故の悲惨さを伝える」
「リアルな楽しみ(趣味)を見つける」
など活発な意見が飛び出し、あっという間に模造紙が付箋でいっぱいになりました。

ASKスタッフ芳山からも、「より高リスクな層に情報をどう届けるか」や、「ライフスキル教育の必要性」について意見を発信しました。

参加した皆さまから、画像掲載の許可をいただきましたので、模造紙の画像も掲載させていただきます。

「Iラブ唐揚」班の模造紙

ネット依存は、まだまだエビデンスが不足している分野です。
中学生・高校生だけでなく、低年齢化~高齢化と幅広い世代の依存についても、予防の意識を持つ必要があります。
ASKでは、引き続きネット依存・ゲーム依存について、情報収集・発信を行なっていきます。

「Iラブ唐揚」班(写真参照)のみなさん、お疲れさまでした!

平成29年度 ネット安全安心全国推進フォーラム

活動履歴