アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

アルコール関連問題

調査/データ

日本の若い女性の飲酒

時代の中で女性の飲酒率は大きく変化しました。
旧総理府世論調査によると、20代の女性の飲酒率は1968年には24%でしたが、87年には54%と2倍以上の伸びを示しています。
東京都の調査をみると、20代の女性の飲酒は2000年には74.8%。
2003年の厚生労働省の調査ではついに80%に至り、男性に伍して飲んでいることがわかります。

アメリカの妊娠可能年齢の女性の飲酒率(18~44歳)は50%強。
いまや日本の女性のほうが飲酒率は高いのです

日本の女性の年代別飲酒率に関する調査

旧総理府世論調査 1968・87

20代 30代 40代 50代 60代
1968 24.00% 22.30% 18.60% 14.90% 9.00%
1987 54.10% 58.90% 44.00% 34.20% 26.00%

健康体力づくり財団調査 1996

20代 30代 40代 50代 60代
1996 55.20% 52.00% 40.20% 43.40% 26.20%

東京都の健康に関する世論調査 1997・2000

20代 30代 40代 50代 60代
1997 69.80% 73.20% 67.50% 55.00% 40.70%
2000 74.80% 67.50% 63.20% 51.90% 34.50%

厚生労働省研究班調査 2003

20代 30代 40代 50代 60代
2003 80.00% 80.70% 75.10% 68.20% 53.50%

ちなみに2008年の厚労省研究班による全国調査では、20代前半で女性の飲酒率90.4%となり、男性の83.5%よりも高くなるという逆転現象が起きました。

では、妊娠中の飲酒についてはどうでしょうか。
厚生労働省の「国民健康栄養調査」と「厚生労働科学研究『健やか親子21』に係る研究」によりまとめられた推移をみると、女性の飲酒率(※)が横ばいなのに比べて、妊娠中の女性の飲酒率は平成17年(2005)の16.1%から25年(2013)に4.3%へと激減しています。
啓発活動の成果がまさに現われました。
ASKが「FAS国際シンポジウム」を開催したのが2003年11月。
そこで合意された内容にもとづき、翌年から「予防のメッセージ」を全国に配布しました。
また、酒類業界団体や関係省庁に対策や支援を申し入れ、アルコール容器の「警告表示」やCMでの警告表示、母子健康手帳の記述改訂などが行なわれました。
これに伴いマタニティブックでの飲酒に関する説明やインターネットでの情報なども正確なものが増え、数年の間に一般の認識が劇的に変化したのです。

※週3日以上、1合以上の飲酒をする人の割合。厚労省研究班の調査では、これまでの1年に1回以上飲酒している者となっている。

喫煙率及び飲酒率の推移(男女別,妊娠中の女性)

アスクでは、この問題について以下の活動を行なっています国際FASD啓発キャンペーン
女性とアルコールに関するこれまでの活動

女性は男性より、アルコールの害を受けやすいってホント?
少量の飲酒でも、乳がんのリスクが上昇!?
妊娠中・授乳中の飲酒は、赤ちゃんにどう影響するの?

厚労省「健康日本21<第2次>」に対応した内容です。

ASKリバーシブル予防パンフ①『妊娠とアルコール/女性とアルコール』

※株式会社アスク・ヒューマン・ケアのホームページに移動します

活動履歴