アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

アルコール関連問題

知識

「酔い」のメカニズム4段階

「酔う」とは脳がマヒすることである。

① ほろ酔い

ほろ酔い気持ちがほぐれる

アルコールの作用で大脳新皮質がマヒし理性の抑制がはずれる。気分がほぐれリラックスしている。酔っていないと思いがちだがこの段階でも運転は犯罪。脳のマヒはすでに始まっている状態だ。


② 酩酊

酩酊足元がふらつく

大脳辺縁系にマヒが及んで「酔っぱらい」状態になる。同じ話を繰り返す、となりの人にからむ、ロレツが回らない、足元がふらつくなどの症状が出たら、飲むのはストップ。周りも止めるようにしよう。


③ 泥酔

泥酔酔いつぶれる

大脳全体にマヒが広がり、脳幹や脊髄にも及び始める。ぐったり「酔いつぶれた」状態。吐いたものを気管に詰まらせて窒息する危険がある。絶対一人にしない。誰かが付き添って病院に連れて行くこと。


この「泥酔」からは、急性アルコール中毒の段階です。


④ 昏睡→死

昏睡何をしても起きない

ついにマヒが脳幹・脊髄から呼吸中枢のある延髄に至る。ここがやられてしまうと、あとは死のみ。叩いても、つねっても反応がなければ、生死に関わる深刻な事態。すぐ救急車を呼ぶこと。


昏睡と死は紙一重。
いちばん多いのは窒息死です。

アスクでは、この問題について以下の活動を行なっていますイッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2017
イッキ飲み・アルハラ防止に関する活動

あなた自身のアルコールに対する体質を知っていますか?
アルハラ防止や、生活習慣病予防・依存症予防に役立ててください。

ASKアルコール体質判定セット かんたんジェルパッチ
※株式会社アスク・ヒューマン・ケアのホームページに移動します

活動履歴