アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

アルコール関連問題

知識

WHOのスクリーニングテスト

AUDIT

AUDITは1990年代初め、WHO(世界保健機関)がスポンサーになって作成された飲酒問題のスクリーニングテストです。
多くの国で使用され、地域、年齢、性の違いを超えて高い妥当性が報告されています。

設問に答えることで、危険な飲酒やアルコール依存症の疑いがわかります。
あなたの場合はどうでしょうか。チェックしてみましょう。

なお、設問2と3に出てくる「単位」について説明しておきます。
「アルコールの1単位=純アルコール20グラムを含む酒類」をさします。

20グラムのアルコールとは…

ビール 日本酒 ウィスキー ワイン チューハイ 焼酎
ビール500mlのイメージ 日本酒1合のイメージ ウィスキー60ml(ダブル1杯)のイメージ ワイン200ml(グラス2杯)のイメージ チューハイ350ml(7%)のイメージ 焼酎100ml(25度)のイメージ
500ml
(中ビン1本またはロング缶1本)
180ml
1合
60ml
(ダブル1杯)
200ml
(グラス2杯)
7%のもので350ml 25度のもの100ml

 

AUDITのチェックリスト

どのくらいの頻度でアルコール飲料を飲みますか? 飲まない

月1回以下

月2~4回

週2~3回

週4回以上

飲酒するときには1日に何単位くらい飲みますか? 0.5~1単位

1.5~2単位

2.5~3単位

3.5~4.5単位

5単位以上

一度に3単位以上飲酒することが、どのくらいの頻度でありますか? ない

月1回未満

月1回

週1回

毎日あるいはほとんど毎日

過去1年間に、飲み始めたら飲むのをやめられなくなったことが、どのくらいの頻度でありましたか? ない

月1回未満

月1回

週1回

毎日あるいはほとんど毎日

過去1年間に、通常だと行なえるのに飲酒のせいでできなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか? ない

月1回未満

月1回

週1回

毎日あるいはほとんど毎日

過去1年間に、飲みすぎた翌朝、体調を整えるために迎え酒をしなければならなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか? ない

月1回未満

月1回

週1回

毎日あるいはほとんど毎日

過去1年間に、飲酒後に罪悪感・後ろめたさを感じたり、後悔をしたことが、どのくらいの頻度でありましたか? ない

月1回未満

月1回

週1回

毎日あるいはほとんど毎日

過去1年間に、飲酒の翌朝に前夜の行動を思い出せなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか? ない

月1回未満

月1回

週1回

毎日あるいはほとんど毎日

あなたの飲酒のために、あなた自身や他の人がケガをしたことがありますか? ない

あるが、過去1年にはない

過去1年にある

10 家族、親戚、友人、医師、あるいは他の保健従事者が、あなたの飲酒について心配したり、飲酒を控えるようにと勧めたことがありますか? ない

あるが、過去1年にはない

過去1年にある

合計点

 

合計点が0-9の人は

【危険の少ない飲酒 青信号】
今のところ、危険の少ない飲み方です。
今後も飲酒する場合は、1日1単位まで。多い日でも2単位は超えないようにし、週に2日は休肝日を心がけてください。

合計点が10-19の人は

【危険の高い飲酒 黄色信号】
いまの飲み方を続けていると、あなたの健康や社会生活に影響が出るおそれがあります。
適度な飲酒の目安は1日1単位まで。多い日でも2単位は超えないようにし、週に2日は休肝日をつくりましょう。
ただし、高血圧・糖尿病・糖質異常症・肝機能障害などの生活習慣病がある場合は、飲酒が病状を悪化させるおそれがあります。2週間の禁酒をして、お酒が体に与えた影響を確かめてみましょう。

合計点が20-40の人は

【アルコール依存症の疑い 赤信号】
アルコール依存症の疑いがあるため、節酒はむずかしく、断酒が必要と思われます。
飲酒の悪影響は、健康だけでなく、家庭や職場での生活にもおよびます。一度、アルコール依存症の専門医にご相談されることをお勧めします。

心配な方は、治療・相談先を活用しましょう。本人だけでなく家族の相談も受け付けています。
アルコール問題の相談先

活動履歴