アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

アルコール関連問題

知識

調査・日本の飲酒実態

総人口の減少や高齢化に伴いアルコール消費量は減少傾向にあり、男性飲酒者の割合はわずかに低下していますが、多量に飲む者の割合はむしろ増加傾向にあります。
OECDも、日本では「最も飲酒が多い20%の人々が、全てのアルコール消費量の70%近くを消費している」と報告しています。

ASKが、飲酒運転防止やイッキ飲み防止などの活動を通じて、多量に飲む習慣を変える活動に力を入れているのはそのためです。
さらに問題なのは、アルコール依存症者の推計数(約100万人)と、アルコール依存症患者数(約4万人)に、大きな解離があること。
依存症の偏見を是正し、病気の認知を広めていくことで、このギャップを縮めたいとASKは考えています。

日本の飲酒問題の現状

男性 女性 合計
飲酒者
(この1年に1度でも飲んだ者)
82.4%
4156万人
60.1%
3272万人
70.5%
8428万人
リスクの高い飲酒者
(1日平均男性40g以上、女性20g以上)
14.4%
726万人
5.7%
313万人
9.7%
1039万人
多量飲酒者
(飲酒する日には60g以上飲む者)
15.6%
785万人
3.6%
195万人
8.7%
980万人
アルコール依存症の疑い
(AUDIT20点以上)
2.0%
102万人
0.2%
11万人
1.0%
113万人
ICD-10診断基準によるアルコール依存症者 1.9%
95万人
0.3%
14万人
1.0%
109万人

厚生労働省研究班調べ(2013年の調査結果を2012年10月の日本人口で年齢調整した値と推計値)
日本の飲酒問題の現状

アルコール依存症有病率の変化

2003年調査
a)
2008年調査
b)
2013年調査
c)
男性 女性 男性 女性 男性 女性
飲酒者割合
※1
85.3% 60.9% 83.1% 61.8% 82.4% 60.1%
60g以上飲酒者割合
※2
12.7% 3.7% 12.0% 3.1% 15.6% 3.6%
アルコール依存症有病率
※3
1.9% 0.1% 1.0% 0.3% 1.9% 0.3%

※1) 飲酒者とは、調査前12ヵ月に1回以上飲酒した者
※2) ふだんの飲酒日の平均飲酒量が60グラム以上の者
※3) アルコール依存症とはICD‐10の診断ガイドラインを満たす者
出典:

  • a) 平成15年度厚生労働科学研究 「成人の飲酒実態と関連問題の予防に関する研究(主任研究者 樋口進)」
  • b) 平成20年度厚生労働科学研究「わが国における飲酒の実態ならびに飲酒に関連する生活習慣病、公衆衛生上の諸問題とその対策に関する総合的研究(主任研究者 石井裕正)」
  • c) 平成25年度厚生労働科学研究「WHO世界戦略を踏まえたアルコールの有害仕様対策に関する総合的研究(主任研究者 樋口進)」

アルコール依存症患者数の推移

推計患者数
(単位:人)
1999年 2002年 2005年 2008年 2011年 2014年
入院 13,500 12,200 12,100 9,100 8,600 8,700
外来 3,600 4,800 4,600 4,000 4,100 5,100
総数 17,100 17,100 16,700 13,100 12,700 13,800
総患者数 37,000 42,000 43,000 44,000 37,000 49,000

注1) 推計患者数: 調査日当日に、病院、一般診療所で受療した患者の推計数
注2) 総患者数: 調査日現在において、継続的に医療を受けている患者の推計数
出典:平成26年 患者調査(傷病分類編)厚生労働省

活動履歴