アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

アルコール関連問題

知識

アルコール依存症の進行プロセス

アルコール依存症は飲んだその日に発症することはありません。習慣的に飲酒しているうちに、いつしか進行していく病気です。
病気の進行プロセスを表にしました。
どの段階からも回復は可能ですが、早期に治療すれば回復も容易です。
また、多くの酒飲みが依存症との境界線にいます。この段階なら、飲み方を変えてUターンすることが可能です。

スタート地点 習慣飲酒が始まる 機会あるごとに飲む。
酒に強くなり(耐性の形成)、酒量が増加する。
気分の高揚を求めて飲む。
依存症との境界線 精神依存の形成 ほとんど毎日飲む。酒がないと物足りなく感じる。
緊張をほぐすのに酒を必要とする。
酒量が増え、ほろ酔い程度では飲んだ気がしない。
ブラックアウト(記憶の欠落)が起きる。
生活の中で、飲むことが次第に優先になる。
依存症初期 身体依存の形成 酒が切れてくると、寝汗・微熱・悪寒・下痢・不眠などの軽い離脱症状が出現し始めるが、自覚しないことが多い(風邪や体調不良と思う)。
飲む時間が待ちきれず、おちつかない。イライラする。
健康診断で酒量を少なめに申告する。
家族が酒をひかえるよう注意し始める。
酒が原因の問題(病気やケガ、遅刻や欠勤、不注意や判断ミス、飲酒運転検挙など)が起きはじめ、節酒を試みる。
依存症中期 トラブルが表面化 二日酔いの朝の軽い手のふるえや恐怖感など、酒が切れると出る離脱症状を治すために、迎え酒をするようになる。
酒が原因の問題(病気やケガ、遅刻や欠勤、不注意や判断ミス、飲酒運転での検挙など)が繰り返される。
家庭内のトラブルが多くなる。
自分の酒に後ろめたさを感じ、攻撃的になる。
飲むためにウソをついたり隠れ飲みをしたりする。
職場では、上司からの注意・警告が始まる。
依存症後期 人生の破綻 コントロールしてうまく飲もうとするが、失敗する。
一人酒を好むようになる。食事をきちんととらない。
アルコールが切れるとうつ状態や不安におそわれるため、自分を保つために飲まざるをえない。
連続飲酒発作、幻覚(離脱症状)、肝臓その他の疾患の悪化により、仕事や日常生活が困難になる。
家族や仕事、社会的信用を失い、最後は死に至る。

アルコール依存症は回復する「病気」です。
早期に治療するほど失うものが少なく、回復も容易です。
本人からは助けを求めないため、周囲からの適切な介入が重要になります。
周囲がまず専門機関に相談しましょう。

アルコール問題の相談先

活動履歴