アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

アルコール関連問題

知識

アルコール依存症の診断基準

WHOの診断基準「ICD‐10」では、アルコールやドラッグなどの「精神作用物質」の依存症候群について、次のような診断ガイドラインを定めています。
なお、ここではわかりやすいよう「物質」をアルコールに置きかえ、解説をつけました。

診断ガイドライン

(a)アルコールを摂取したいという強い欲望あるいは強迫感。

解説

たとえば次のようなことです。
・終業前になると決まって飲みに行くことを考える。
・家には常に酒を用意しておかないと落ちつかない。
・他のことなら外出が面倒に感じる状況でも酒を入手するためなら積極的に出かける、など。
これが高じれば、仕事が終わると帰宅まで待ちきれずに車中でも飲んだり、隠れてでも飲むようになります。

(b)アルコール使用の開始、終了、あるいは使用量に関して、摂取行動を統制することが困難。

解説

・今日はやめておこうと思っても飲んでしまう。
・「一杯だけ」と決めて飲み始めたはずが、結局は自分の「定量」あるいは「あるだけ」飲んでしまう。
・翌日に酒臭が残るほど飲む。
・臓器障害を起こすまで飲む。
・医師から禁酒や節酒を指導されても守れない、などです。

(c)使用を中止もしくは減量したときの生理学的離脱状態。離脱症候群の出現や、離脱症状を軽減するか避ける意図でアルコール(もしくは近縁の物質)を使用することが証拠となる。

解説

離脱症状とは、アルコールによって脳の神経が抑制された状態が普通になってしまっているために、それが抜けていくときに生じるさまざまな神経の興奮状態のことです。
・イライラして落ちつかない
・発汗や微熱
・脈が速くなる
・こむらがえり
・不眠
・手指の細かい震えなどがあります。
依存が進行した状態では、全身の大きな震えや幻覚・妄想などを起こす場合があります。

(d)はじめはより少量で得られたアルコールの効果を得るために、使用量をふやさなければならないような耐性の証拠。

解説

つまり、かつてと同じ量では酔わなくなるということです。
そのために、だんだんと飲酒量が増えていきます。
耐性が生じていない人であればとても飲めないような量を飲む場合があります。

(e)アルコールのために、それにかわる楽しみや興味を次第に無視するようになり、アルコールを摂取せざるを得ない時間や、その効果からの回復に要する時間が延長する。

解説

たとえば次のようなことです。
・飲酒のために、家族で過ごす時間や会話が減る。
・外出といえば酒を飲むことばかりを優先する。
・飲んでいる時間が長くなり、他のことができなくなってくる。(たとえば「仕事と酒だけの人生」といったように)
・せっかくの休日には、二日酔いでごろごろ寝ているばかりになる、など。

(f)明らかに有害な結果が起きているにもかかわらず、いぜんとしてアルコールを使用する。

解説

有害な結果とは、
・アルコールに関連する身体の病気(肝臓病、高血圧、糖尿病、心臓病……)
・うつ状態などの悪化
・家庭内でのトラブル
・飲酒によって周囲の信頼を失うこと
・飲酒運転などの違法な行動
・職場や学校でのトラブル(急な欠勤や遅刻、成績の低下やミス、人間関係の問題など)
・経済的な問題、などです。

アメリカ精神医学会による診断基準「DSM-5」では、それまであった「アルコール依存症」の病名をなくす改訂が行われました。
従来は、アルコールやその他の薬物の「使用障害」が「依存」と「乱用」に分かれていましたが、その区別をなくして「使用障害」でひとくくりとなったのです。
診断基準は、従来の「依存」「乱用」の内容をほぼ貼り合わせたものです。

DSM-5 【アルコール使用障害】診断基準の概要

以下の2つ以上が、12ヵ月以内に起きる

・意図したより大量、または長期間に使用
・使用を減らしたり制限しようとするが成功しない
・アルコールを得るため、使用するため、そこから回復するために多くの時間を費やす
・渇望
・反復的な使用により、職場・学校・家庭で責任を果たせない
・社会的、対人的な問題が起き、悪化しているにもかかわらず使用を続ける
・私用のために社会的、職業的、娯楽的活動を放棄したり縮小している
・身体的に危険な状況でも使用を反復
・身体的、精神的問題が悪化していると感じていても使用を続ける
・耐性
・離脱症状

日本では公的な診断にはICDが使われており、DSMは主として研究用です。
医療現場では現在も「アルコール依存症」が使われており、使用障害の概念が医療で定着する可能性は少ないですが、関係者の間では論議を呼びました。
たとえば次のような声があります。

「依存と乱用の線引きをなくせば早期介入の役に立つ」
「依存症という言葉には人格的な偏見がつきまとうが、使用障害ならスティグマになりにくい」
「使用障害という概念は病態を使用者の責任に帰してしまい、物質自体の依存性を見えにくくする」
「自助グループに混乱を引き起こす」

ICDも、近く改訂版のICD-11が出されます。
こちらでは「依存症候群」の概念が引き続き採用される見込みです。

アルコール問題の相談先