アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

アルコール関連問題

知識

その他のチェックツール

アルコール依存症のセルフチェックには様々な種類があります。
チェックの結果は、あくまで目安ですが、要注意の結果が出た方は医療機関を早期に受診してください。

CAGE

CAGEテストは、4項目で判定する簡易的なテストです。

1. あなたは今までに、飲酒を減らさなければいけないと思ったことがありますか?

Cut down)

2. あなたは今までに、飲酒を批判されて、腹が立ったり苛立ったことがありますか?

Annoyed by criticism)

3. あなたは今までに、飲酒に後ろめたい気持ちや罪悪感を持ったことがありますか?

Guilty feeling)

4. あなたは今までに、朝酒や迎え酒を飲んだことがありますか?

Eye-opener)

上記のうち、2項目以上あてはまる場合は、アルコール依存症の可能性があります。
早期に診断を受けて、必要な治療や援助を求めることが大切です。

アルコール問題の相談先

新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト:男性版( KAST-M )

久里浜医療センターによって作られた日本人(男性)向けのアルコール依存症のスクリーニングテストです。2003年に改訂されました。

KAST-M(独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センターのホームページに移動します)

新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト:女性版( KAST-F )

久里浜医療センターによって作られた日本人(女性)向けのアルコール依存症のスクリーニングテストです。2003年に改訂されました。

KAST-F(独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センターのホームページに移動します)

活動履歴