アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

アルコール関連問題

調査/データ

断酒会員たちが経験した、自殺念慮や自殺企図

国立精神・神経センター精神保健研究所「自殺予防総合対策センター」
「自殺予防のためのアンケート調査」
全日本断酒連盟が協力(平成21年度)
http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/pdf/0912211.pdf

●これまでに本気で死にたいと考えたことがある(自殺念慮) 40.1%

●自殺の計画をたてたことがある(自殺の計画) 23.1%

●実際に行動に移したことがある(自殺企図) 20.1%

平成20年度に内閣府が成人を対象に行なった調査では、自殺念慮の経験率は19.1%だった。
この数字と比較して、アルコール問題のある人では自殺念慮がきわめて高率に見られることを示している。

季刊『Be!』94号 より抜粋

アルコール依存症は、治療・援助を受けて回復することが可能です。
けれどわが国では、この病気についての誤解や偏見が根強いため、よかれと思っての対応が病気を悪化させてしまうことがよくあります。そこで・・・

正しい知識を一人でも多くの人に『ASKアルコール通信講座』

※株式会社アスク・ヒューマン・ケアのホームページに移動します

活動履歴

  • アルコール関連問題
    2017/12/08
  • アルコール関連問題
    沖縄県那覇市にて、飲酒運転防止インストラクター養成講座のスキルアップ研修を開催しました。
    2017/12/07
  • アルコール関連問題
    沖縄県那覇市にて、飲酒運転防止インストラクター養成講座の地区別スクーリングを開催しました。
    2017/12/06