アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

アルコール関連問題

うつ・自殺とアルコール

最新の調査から、自殺の背景にあるうつ病とアルコールの存在が明らかになってきました。
WHOの自殺対策に関するガイドラインでは、自殺に関連する精神障害としてアルコール依存症とうつ病が同等に扱われています。

アルコール・うつ・自殺は「死のトライアングル」とも言われます。これら3つの関係についてまとめました。

コンテンツ監修:松本俊彦
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
薬物依存研究部 部長

知っておきたいポイント

アルコールはうつ病にどのように作用するのか、なぜうつ病の人にとってアルコールはタブーなのか、一見つながりにくい2つの症状の関係を見ていきます。
なぜ「うつ」の人はアルコールを飲もうとするのか?
「うつ」の治療を受けているなら、飲酒はタブー!
なぜアルコール依存症者は「うつ」になるのか?
アルコール・うつ・自殺……「死のトライアングル」

調査/データ

国立精神・神経センター精神保健研究所「自殺予防総合対策センター」による心理学的剖検からも、自殺の背景にあるアルコール問題が浮かび上がります。
自殺の背景にある、アルコール
一般精神科で見逃されがちな、飲酒問題
断酒会員たちが経験した、自殺念慮や自殺企図
海外のデータなど

活動履歴

  • アルコール関連問題
    沖縄県那覇市にて、飲酒運転防止インストラクター養成講座の地区別スクーリングを開催しました。
    2017/12/08
  • アルコール関連問題
    2017/12/08
  • アルコール関連問題
    沖縄県那覇市にて、飲酒運転防止インストラクター養成講座のスキルアップ研修を開催しました。
    2017/12/07