アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

ASKとは

代表者のメッセージ

代表 今成 知美からのメッセージ

今成 知美

  • 特定非営利活動法人アスク 代表
  • ジャーナリスト
  • 季刊Be!編集長

ASKの活動は、1983年、アルコール関連問題への取組からスタートしました。
めざしてきたのは、1次(予防教育と社会規制)・2次(早期発見・介入のしくみづくり)・3次(家族ぐるみの回復)の3つの予防。
それは創立30年目に、「アルコール健康障害対策基本法」という形で大きな実を結びました。
2016年には国の基本計画ができ上がり、舞台は、自治体の計画へと移行しています。
また厚生労働省は、アルコール・薬物・ギャンブルを合わせた依存症対策本部を立ち上げました。
やっと社会が動き出したのです。
2017年、ASKは2つのチャレンジを開始しました。
1つは、ASKのノウハウを活用した地域活動です。
ASK認定飲酒運転防止上級インストラクターらが、沖縄・福岡・大分で加盟団体や支部を立ち上げました。
もう1つは、「アルコールをはじめとする依存性薬物」に加え、「その他の依存症」に活動範囲を広げること。
ギャンブルやネットなど行為依存の予防や解決にも、ASKが培ってきたノウハウが活用できると考えています。
それぞれの相違点をふまえたうえで、正しい知識と対応のポイントを広めながら、
「回復を応援する社会」を実現したいと思います。

副代表 水澤 都加佐からのメッセージ

水澤 都加佐

  • 特定非営利活動法人アスク 代表
  • ソーシャルワーカー
  • アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター所長

アルコールもドラッグも、そしてネット・ゲームやギャンブルも、依存に至ればその本質は同じです。
病んだ家族・社会の背後には「依存症」という病気が見え隠れしています。
職場で、また医療・保健・福祉・司法の援助現場で、早期発見・介入が求められているのです。
ASKはアスク・ヒューマン・ケアと連携して、家族をサポートするとともに、回復とセルフケアについての情報を発信し続けます。
この問題が世代から世代へと伝播されるのを防ぎましょう。

活動履歴