アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

薬物乱用・依存

知識

薬物(ドラッグ)って何?

ここでは、摂取することによって気分が変化し、依存をもたらす物質のことを薬物(ドラッグ)と言います。
その作用を大きく分けると、次の3つがあります。

【抑制】脳の中枢神経の働きをマヒさせる。
そのことによって理性のコントロールがはずれてリラックスしたり、多幸感が得られるなど、「酔った」状態になる。
催眠(眠くなる)作用をともなうものも多い。
抑制系の薬物はダウナーとも呼ばれる。
【興奮】文字通り、脳の中枢神経を興奮させる。
いわゆる「ハイになった」状態。
興奮系の薬物はアッパーとも呼ばれる。
【幻覚】幻視・幻聴など、幻覚をもたらす。

覚せい剤や大麻などの違法薬物だけでなく、アルコール、たばこ(ニコチン)のように一般には嗜好品とされるものや、睡眠薬・抗不安薬のような処方薬、せきどめ薬など市販薬も、依存性のある薬物に含まれます。

こんなにある依存性薬物の種類

●は強さを表わす。ただし薬物ごとの正確な比較は難しく、諸説がある。

分類 中枢作用 急性精神毒性

※1

慢性精神毒性

※2

精神依存 身体依存 耐性形成
アルコール 抑制・催眠 ●● ●● ●●(●) ●●● ●●
睡眠薬
抗不安薬

(本来は医療目的で使用)
抑制・催眠 ●●
(薬剤により異なる)

(薬剤により異なる)

(薬剤により異なる)
せきどめ薬 興奮・抑制
シンナーなど 抑制・幻覚 ●● ●●● ●(●) (●)
覚せい剤 興奮 ●● ●●● ●●● ●●
大麻(マリファナ) 抑制・幻覚 ●●(●)
LSD 幻覚・興奮 ●●● ●? ●?
ヘロイン 抑制 ●? ●●● ●●● ●●●
コカイン 興奮 ●● ●●● ●●● (●?) (●)
合成薬物
(危険ドラッグを含む)
幻覚/興奮/抑制
※3
ニコチン 興奮・抑制 ●● (●) ●●●
主に急性耐性

※1 急性精神毒性:薬物の使用時や使用直後に現われる、精神作用への悪影響
※2 慢性精神毒性:継続的な薬物使用によって現われる、精神作用への慢性的な悪影響
※3 合成薬物の作用は、薬物ごとにまったく異なる。

活動履歴

  • アルコール関連問題薬物乱用・依存ネット・スマホ依存ギャンブル依存ライフスキル
    ダメ絶対だけでない依存症予防教室モデル授業(福岡会場)が開催され、ASK代表今成知美が登壇しました
    2017/12/04
  • アルコール関連問題薬物乱用・依存ネット・スマホ依存ギャンブル依存ライフスキル
    ASKのホームページがリニューアルしました!
    2017/11/30
  • アルコール関連問題薬物乱用・依存ネット・スマホ依存ギャンブル依存ライフスキル
    ダメ絶対だけでない依存症予防教室モデル授業(大阪会場)が開催され、ASK代表今成知美が登壇しました
    2017/09/12