アルコール・薬物・その他の依存問題を予防し、回復を応援する社会を作るNPO法人「ASK」の情報発信サイト

薬物乱用・依存

薬物乱用・依存に関する活動

ASKが1983年に任意団体として設立された時の呼称は「アルコール問題全国市民協会」でした。
活動の中で、アルコールは単なる嗜好品ではなく依存性のある薬物、という位置づけをはっきりさせ、予防教育のプログラム開発にあたっても、アルコールとその他の薬物をセットにして扱ってきました。
また『Be!』での依存症に関する情報発信は、アルコールを出発点としつつ、薬物依存などさまざまな依存症へと広がり、当事者の視点で薬物問題の最前線を追ってきました。

こうした背景のもと、2000年12月にASKが特定非営利活動法人(NPO)となった際、呼称を「アルコール薬物問題全国市民協会」と改めました。

現在に至るまで、さまざまな関係団体と連携しつつ、活動を行なっています。
ここでは最近の活動を中心にお伝えします。

ASKの主な薬物問題に関する活動

薬物報道ガイドライン
ASKも発起人となっている「薬物問題の正しい報道を求めるネットワーク」の活動です。

アルコール・薬物・タバコの予防教育
小学校から大学、保護者まで、実感できる参加型のプログラムです。

依存症予防教育アドバイザー養成講座
新たな取り組みとして、総合的な依存症の予防教育を実践できる「依存症予防教育アドバイザー」の養成講座を2018年に開講予定です。

依存症回復者によるQ&A
依存症が病気であること、回復の場が存在することを当事者が伝えてきた活動です。

活動履歴

  • アルコール関連問題薬物乱用・依存ネット・スマホ依存ギャンブル依存ライフスキル
    ダメ絶対だけでない依存症予防教室モデル授業(福岡会場)が開催され、ASK代表今成知美が登壇しました
    2017/12/04
  • アルコール関連問題薬物乱用・依存ネット・スマホ依存ギャンブル依存ライフスキル
    ASKのホームページがリニューアルしました!
    2017/11/30
  • アルコール関連問題薬物乱用・依存ネット・スマホ依存ギャンブル依存ライフスキル
    ダメ絶対だけでない依存症予防教室モデル授業(大阪会場)が開催され、ASK代表今成知美が登壇しました
    2017/09/12