依存症回復者からのメッセージ

だれの体験談を読みたい? 4人の名前をクリックしてね!

覚せい剤
トシさん

シンナー
めばえさん

アルコール
ネコさん

ニコチン
アキさん

※大人からの質問と答えは、別ページに移転しました。

 ASK KIDS 依存症回復者によるQ&A 


 
     
 
 

 
 

はじめて使ったのは17歳

 僕がはじめて覚せい剤を使ったのは、17歳の時だった。15歳のころからいわゆる不良になって、暴走族をやって刺激を求めていた。仲間といっしょにメチャクチャやってると、心のさみしさが埋まったからだ。覚せい剤を使ったきっかけは、その時つきあっていた5歳年上の彼女からのさそいだった。彼女を好きだったから、覚せい剤を使うことにはなんの抵抗もなかったけど、捕まるのだけはこわかった。18歳のときには、もう覚せい剤なしにはいられなくなっていた。

 
 

1年で依存症になった……

 覚せい剤を買うお金は、自分の給料ではとてもたりず、母親の財布からお金を抜きっとっていた。
 覚せい剤を使うと自分が自分じゃなくなって、人と会えなくなる。家にもいられなくて、よく野宿した。そんなある日、母親が悲しんで泣く声が聞こえてきた。幻聴(実際には聞こえないものが聞こえること)だった。
 暴力団とギャンブルして、100万円負けてお金を払わされたこともあった。「今度こそやめたい」って思ったけれど、もうやめられなくなっていた。

 
 
 今度こそやめようと思っては、また覚せい剤を使った。こうやって僕の依存症はひどくなっていき、人はこわがって近づかなくなって、どんどん一人ぼっちになっていった。
 ある時、けんかになって僕は包丁を5本も持ち出した。覚せい剤ですっかり頭がおかしくなっていたんだ。パトカーがきて、そのまま精神病院へ連れていかれた。
 
 

遠回りの人生だった

 今、僕は5年覚せい剤をやめているけど、ふり返ると「遠回りの人生だったなあ」って思う。やめてしばらくは苦しかった。覚せい剤がなくなったとたん、自信も体力もすべてなくなったような気がした。そして、みんなが自分の悪口を言っているように感じるんだ。
 今は覚せい剤仲間とはすっかり手を切り、逆に依存症から回復することに取り組んでいる仲間といっしょにいる。近ごろ、「人間関係が少しらくになったかな」と感じる。1日1日やめ続けていく中に、回復があるんだ。
 覚せい剤って、自分からすすんで使う人ってたぶんいないと思う。たいていは、友だちとか、まわりの大人とかにすすめられて始めるんだ。僕も彼女からすすめられたのがきっかけだった。はじめからヤバイ人のさそいなら断わりやすいけど、身近な人だと断わりにくい。だから自分を守るためには、日ごろから何人もの友だちと関わっておくことが大事だよ。もし一人の友だちが薬をすすめてきても、ほかにも友だちがいれば断わりやすいから。一度覚せい剤に手をだしたら、必ず地獄を見る。僕の話、覚えておいたほうがいいよ。
 
     
 
トシさんへ寄せられた
メールへの回答
このページのトップへもどる
 
     
 
 

 
 

はじめて吸ったのは中2のとき

 中学2年、14歳の時に自宅のトイレではじめてシンナーを使った。その時の私はいわゆる優等生で勉強ができて、いつも緊張していて、反抗しないいい子だったから「たまには、いけないことをしてみようかな?」という軽い気持からだった。はじめはセメダインとかボンドとかを少しだけ吸っては頭がボーッとする程度だったんだ。お金はどうしたかっていうと、おこずかいで十分足りる額だったし、学校の売店で買えたからあまり罪悪感ってなかったけれど、親にみつかるんじゃないかって、けっこう不安だった。

 
 

押入れの中で泣きながらシンナーを吸った

 20歳くらいの時、私は、「シンナー中毒だ!!」って友だちからも言われるようになっていた。そのころ吸っていた量は、1日にシンナーを3、4缶、ボンド(1キロ缶)を3缶くらい。やめられなくて、シンナーを吸うたびに死のうとして手首を切って傷だらけになった。さみしくてしかたがなかった。本当は友だちにかまってもらいたかった。その気持をなぐさめるように、押し入れの中で泣きながらひとりでシンナーを吸っていたんだ。
 そのうち、シンナーより刺激の強いもの(トルエン)に手を出してしまった。いつも、1本吸う前に、残りの3本を押し入れの布団の中とか台所の流しの下とかに隠しておくんだけど、吸ってしまうと隠したところがわからなくなっちゃう。それに、吸ってから10分とか20分するとまったく記憶がなくなっちゃうから、目がさめると空瓶がころがってたりする。

 
 
そうすると、誰かが部屋に入ってきて自分のシンナーを横取りしてるにちがいないって思い込んで、玄関の鍵をしっかりかけ、窓にメ張りし、部屋に入ってきた証拠が残るようにカセットテープやカメラも準備したりした。本当は、私一人しか部屋にいないのにね。
 
 

断わってもきらわれない

 どうにもならなくなって、ついに両親に助けて欲しいと電話して、治療施設につながった。今、シンナーをやめて18年になる。
以前の自分は、「シンナーのおかげで友だちができた」と思っていた。でも今は、それが大きなまちがいだったことに気づいた。友だちになることとシンナーとは関係ないんだ。
 たとえば、シンナーを誘われて断わったって、友だちでいられるんだよ。言うなりにならなきゃ友だちじゃない、きらわれちゃう、なんてことはないんだ。私がシンナーを吸っていた時、いくら誘っても「ヤダ」って言ってグループから去っていった友だちがいたけど、あれは正解だね。誘っていた私は、ただ自分がさみしいから誘っていただけなんだから。断わられて、きらいになるどころか、むしろ尊敬したよ。
 私は、もともと99人が「青い」っていったら、自分ひとりで「赤です」とは言えない性格だった。だから両親のいいなりだった。父はいつも酔っぱらって私に説教してたけど、今思えば、そんな酔っぱらいの話は聞かない権利もあったのだと思う。
「断わる権利」があるってこと、知っておいたほうがいいよ。
 
 
 
 
 
めばさんへ寄せられた
メールへの回答
このページのトップへもどる
 
 
 
 
 
 

 
 

飲み始めたのは中2のとき

 わたしは、14歳の時遊び半分ではじめてお酒を口にして、19歳でアルコール依存症という病気になって、今はもう1滴もお酒を口にしていないのだけど、まさかはじめから依存症になるつもりでお酒を飲んだわけじゃないんだな。
 未成年でお酒飲んで、なんだか大人になった気分だったし、仲間と騒いだりして一時は楽しかった。「お酒ってサイコー!」って思ってた。

 
 

高校のころは、ひとりぼっちで飲んでいた

 が、しかしお酒を飲んでいた5年間を今ふり返ると地獄だった。
17歳の時には、もうかなりお酒を飲むようになっていて、酔っぱらうとつい口が滑って友だちを傷つけたりするので、いっしょに飲んでいた仲間にもだんだん見はなされた。
 ひとりぼっちになったわたしは、とうとうテレビの画面に映っているニュースキャスターが「こんばんは」と言うと、それに向かって「こんばんは」と返事しながらお酒を飲むようになった。

 
 

自分の部屋に閉じこもって、お酒のビンをひざにおいてひとりで飲んでいて、さみしさのあまり壁に向かって対話したときには、「もうわたしの人生終わった」とつくづく感じたなあ。

 
 
「こんなわたしはろくな人間じゃない、ダメ人間だ」とつぶやいては、また飲みたくなった。飲んですべてを忘れようとしていた。
 酔っぱらうと物をこわしたり、いろいろ問題を起こすから、親やきょうだいもこわくてわたしには近よらなかった。頭はいつもボーとしてるし、どんどん自分が嫌いになって、しまいには「お酒がやめられない自分なんて、意志が弱い! 死ねばいい!」って思うようになった。
 
 

 

お酒をやめて生き直そう……

 死のうと思っていろいろやってみたけど、なかなか人間は死ねないとわかったとき、「生きるしかないのかも……」と思った。そのときはじめて、お酒をやめて生き直そうと真剣に思って、親といっしょに病院に行った。そして、19歳で「アルコール依存症」って診断されたってわけ。
 十代は心も身体も成長する大切な時だから、お酒は飲んじゃいけないんだよな。
今思うとわたしは、あなたたちのような一番いい時期をお酒で失いました。でもね、今はお酒なんて一滴も飲まなくたって楽しいし、つらいことも乗り越えられるようになったんだ。ここまでくるのに、ずいぶんかかったけどね。
 みなさんも誘惑に気をつけてね。ネコさんからでした。
 
 
 
 
 
ネコさんへ寄せられた
メールへの回答
このページのトップへもどる
 
 
 
 
 

 
 

吸い始めたのは高2のとき

 初めて吸ったのは、高校2年のときだった。友だちの部屋で4、5人で話していたら、他のみんなが吸い出したので、自分も吸わないと子どもっぽくみられそうな気がして、無理して吸った。
 背伸びをしたい思春期。何となくかっこいい気がして、親に隠れてたばこを吸うようになった。

 
 

たばこは「頼もしい友人」だった。でも……

 大学に入ったら、18歳なのに、もはやだれもとがめない。下宿の畳を焦がす回数を重ねるにつれ、本数も増えていった。
 いろんなことに自信がなかった。人の目を見て話すのには、とても勇気がいった。そんな時に、たばこは頼もしい友人だった。他人と話す緊張をかくすとき、何かを集中して考えるとき、気分がいいとき、読書をするとき、いつもたばこを吸っていた。たばこが吸えないと、そわそわして落ち着かなかった。

 
 

 体に悪いとはわかっていたけれど、若くて健康な間はなかなか実感できない。「このままじゃまずい」と思い始めたのは、30代後半になってから。趣味の草野球で、わずかな距離を走るだけで息切れするようになった。二塁打なんて打つと、全身でぜいぜいとあえぐほど苦しくなった。そのころには、1日3,4箱のヘビースモーカーになっていた。

 
 

使ったお金はざっと500万!

 40歳になって、ようやくたばこを卒業できた。22年間吸い続けて、たばこに使ったお金は、ざっと500万円ぐらいになる。こんな大金をかけて、ニコチン依存症になり、周囲に有害な煙をまきちらしていたのだ。
 禁煙して4日目、全身がガタガタふるえるような激しいふるえにおそわれた。長そでの下着に冬物のパジャマを着て、布団をかぶっても、ふるえがとまらない。40度を超える原因不明の発熱だった。長い間たばこの有害物質と戦っていた私の体が、突然の終戦にびっくりしたのだろう。翌朝になると、熱はすっかりひいて、すがすがしい気分だった。
 禁煙して1週間ほどたつと、たばこを吸えないさみしさを強烈に感じるようになった。さみしさをうめるため、いつも口に何かを入れた。キャンデー、ガム、昆布、ウーロン茶、水……。これは2ヵ月以上続き、禁煙を続ける助けになったが、5キロの体重増加をまねいてしまった。これほどまでに、私の心と体はたばこに支配されていたのだ。

 
 

手を出さないのが一番いい

 たばこって全然かっこよくないし、吸ったからって女性にもてるわけでもない。それなのに、いったん習慣になると、愛着がわいて、そこから抜け出すのはかなり大変だ。たばこには手を出さないのが一番いい。好奇心で吸っても、早めにやめるのがかしこい選択だ。
 
 
アキさんへ寄せられた
メールへの回答
このページのトップへもどる
 
  ※大人からの質問と答えは、別ページに移転しました。

 ASK KIDS 依存症回復者によるQ&A 
 
  アスクキッズのトップへもどる  
     
 

回復者への質問と答えが、本になりました!

誰にも聞けなかったドラッグの話[薬物依存症]回復者が答える96の相談メール 誰にも聞けなかったドラッグの話[薬物依存症]回復者が答える96の相談メール
薬物使用者と家族の心理、薬物問題への具体的な対応がこの一冊でわかります。薬物問題が身近にある人だけでなく、教師、保護司をはじめ、相談業務に携わる方々も必見です!
1400円+税
四六判168ページ
ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)編
発行 アスク・ヒューマン・ケア
ご購入はアスクのオンラインショップからどうぞ。