体質の特徴

アルコールを飲んで悪酔いするかしないかは、生まれつきの体質

実は、日本人の約4割は、生まれつき「飲めない族」、つまりアルコールをまったく受けつけないか、少量飲めても悪酔いしやすい体質なのです。体質の違いを決めるのは、「ALDH2」という酵素の働き方。酒類に含まれるエチルアルコールは、肝臓で分解されると毒性の強い「アセトアルデヒド」になります。この物質は頭痛や吐き気、動悸などを引き起こします。このアセトアルデヒドを分解して酢酸に変える酵素のうち、いちばんの働き者がALDH2なのです。

ALDH2がうまく働かないと、アセトアルデヒドが体内にたまって苦しい思いをします。これが「飲めない族」。一方、残りの6割の「危ない族」、つまり飲んでも悪酔しない人は、ALDH2の働きでアセトアルデヒドがどんどん分解され、頭痛や吐き気などをあまり経験しません。 そのかわり、アルコール依存症や内臓疾患にかかる可能性が高いから「危ない族」なのです。自分の体質を正しく理解し、また他人の体質を尊重して、飲み過ぎや無理強いはやめましょう。

全く飲めないタイプ

日本人の約1

ALDH2が全く働かず、どんなに訓練しても飲めるようにはなりません。ビール1杯で動悸がし、失神することも。このタイプに無理にお酒をすすめるのは拷問と同じ。

飲んだら悪酔いするタイプ

日本人の約3

ALDH2がわずかに働くため、訓練すれば赤くなりながらも多少は飲めるようになることも。でもこの体質の人はアセトアルデヒドがたまりやすく、肝臓などの臓器に害を 受けやすいのです。飲むための訓練は体のためにはちっとも良くありません。

悪酔いしないタイプ

日本人の約6

喜ぶのはまだ早い!アセトアルデヒドによる悪酔いをあまり経験せずにアルコールの酔いを楽しむことができるため、ついつい飲み過ぎてしまうのです。アルコール依存症者の9割以上がこのタイプの人。肝臓障害のリスクも大きいので要注意。 なお、体質に関わらず、すべての人が急性アルコール中毒におちいる可能性があります。

» あなたの体質を簡単に知る方法があります。くわしくはこちらへどうぞ