HOME
 
アルコール健康障害対策基本法
 
アルコール依存症
 
うつ・自殺とアルコール
 
薬物乱用
 
イッキ・アルハラ
 
飲酒運転
 
AC
 
妊娠とアルコール
 
予防プログラム
 
自分らしく生きるための道具箱
 
アスク・キッズ
 
アルコール・ルパンを追え!
 
ASKの本
 
目次
 
イッキ飲ませ・アルハラ被害体験談
2012年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2001年
<2012年にホームページに寄せられた訴え>
大学のゼミでアルハラを受け続けた
私は大学四年生から半年間、アルハラを受け続けていました。参加したゼミで被害にあいました。
入ったばかりの4月、花見がありました。そこで焼酎のイッキを強要されました。
イッキしないとハブにするなどと脅されたことも覚えています。
結局吐くこともできずに潰れ、荷台に乗せられて研究室外の談話室に放置されました。
幸いこの通り生きてますが、その後もアルハラは続きました。注がれた酒をイッキしないと張り手をくらわされた時に、さすがに命の危険を感じて二ヶ月後にやめました。
10月にやめましたが、その研究室の大学院に進学予定だったため、後二年と五ヶ月いなければならないと思うと、 耐えれませんでした。結局留年してしまいましたが、それをきっかけに前からやりたかった塾のバイトを始め、 また他大学の大学院にも無事進めたので後悔してません。
塾の子供達と接していて、この子達には将来アルハラの被害者にも加害者にもなって欲しくないと思っています。
<2009年にホームページに寄せられた訴え>
20杯ほど一気に飲ませる「ダービー」まで
アルコールハラスメントですが、わが大学の寮では日常的に行われています。
先輩に勧められた酒は断われないという暗黙のルールがあります。飲みたくない者まで酒を飲まされ、挙句の果てには男だけではなく、女までつぶされることもあります。
またお酒の対決をする「同盟」などと呼ばれるものも存在し、非常に危険な状態の飲み会をしています。
たとえば「ダービー」というものがありまして、それはコップにビールや日本酒を入れておき、それを20杯ほど一気に飲ませるというものです。
このような危険な飲み会が行われておりますので、できれば大学のほうに連絡をお願いします。
<2008年にホームページに寄せられた訴え>
卒業式でのイッキ飲みが伝統?
現在大学4回生で、体育会系の部活に所属しています。
今年度卒業予定なのですが、卒業式で日本酒のイッキ飲みを強要されることで悩んでいます。
私自身、アルコールには非常に弱く、缶ビール1杯が限界です。
今まで新歓や追いコンなどではビールやチューハイだったのでなんとか耐えてこられたのですが、日本酒となると想像するだけで気持ち悪くなります。
大学には、イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーンのポスターが貼ってあり、ホームページにもアルハラ防止ガイドラインが掲載されています。
しかし、昨年の卒業式では、学務課の人はイッキ飲みしている(させられている)卒業生の写真を撮っており、イッキ飲みを止める気配は微塵もありませんでした。
これでは大学に相談しても何の解決にもならないと考え、イッキ飲み防止連絡協議会さんにメールさせて頂きました。
最悪卒業式を休んでしまおうと考えているのですが、何か良い解決案はないでしょうか?

<2007年にホームページに寄せられた訴え>
なんで他学年との交流にお酒が必要なのでしょうか?
イッキ飲み・アルハラ防止のページを見つけたので、私自身の体験を投稿したいと思います。
今年の春に大学に入学し、趣味であったスキーのサークルに入りました。
初めの新歓の飲みは、お店で時間を決めて行なわれたため何事もなく終わりました。
しかし、その後の初めての合宿でひどい目に遭いました。
宿泊施設を貸し切り状態で行なわれた飲みの悲惨さは言葉に尽くせません。
・一年は自己紹介でイッキ
・先輩に囲まれて焼酎を割らずにイッキ。しかも5杯ずつ。
自分は初めのほうで吐いてしまい、ずっとトイレにこもっていなければいけない状態でしたので、このあとはよくわかりませんでした。
しかし、友だちに聞いたところ、その後も無理なイッキが続き、一年生の全員が吐いたとのことでした。
さらに、冬のスキー合宿は、強制参加の上、毎日が飲み会だと先輩から聞き、私はもうこんなことはご免だとサークルを離れてしまいました。楽しみにしていたスキーにも参加できなくなってしまいました。
なんで他学年との交流にお酒が必要なのでしょうか?
普通に飲める人にとっては、「何いってんの?」ってなるでしょうが、私はほんとにお酒が飲めなく、飲み会が苦痛でしょうがないのです。
大学のサークルではこのようなことが普通に行われている現実をとても残念に思います。
<2006年にホームページに寄せられた訴え>
理不尽な飲みを強要され、新入生のほとんどが吐いた…
某音楽大学で金管楽器を専攻し始めた新入生です。4月の入学式終了後に2年の先輩が外で待機していて、そのまま新歓の飲み会に連れて行かれました。この飲み会は毎年新1年生に対し行われていて、吐くか潰れるかまで絶対飲ませるという大学生にあるまじき幼稚なモノです。もともとお酒の飲めない私は、三回も吐かされました。
・乾杯は全員がビールイッキ。飲むのが遅いともう一杯‥‥私は初めて飲んだ酒がコレでした。お酒を飲めませんとは決して言えるような状況ではなく、強制的にのまされました。
・自己紹介で、言い間違え、声が小さい、どもる等の 粗相 をした場合ビールをイッキ。紹介後も必ずイッキ。
・質問されて答えるたびにイッキ、正しく答えられなければまたイッキ。
・会って間もない先輩方の名前を言い当てなければイッキ。
・飲酒を拒否すれば粗相とみなされイッキ。
・1年生はコップの中に酒が必ず入っていなくてはならない。はいっていない場合先輩からいただいてイッキ。
等々、数限りなく理不尽な飲みを強要され、同級生のほとんどが吐くか歩けなくなるかの酷い状態にさせられてしまいました。2年生が1年の世話役で、トイレに避難させてくれましたが、既に世話をさせる役を作っているところからして3,4年生の計画性は明白です。助けを頼む大人はなく、飲む事を強要する先輩しかいませんでした。
先輩に逆らえば報復が待っていますし、音楽という狭い世界で生きていくには、告げ口などもっての外。大学に言おうと決心したのですが、優しい先輩にうまい具合に丸め込まれ、密告してもばれてしまうような立場になってしまいました。
この無理やり的な飲み会は新歓のみで、今ではありませんが、未成年なのにも関わらず一杯は必ず飲まなくてはなりません。普通に飲める人にとってはただの一杯の酒でも、私にとっては命にかかわるかもしれない恐怖の塊です。酒に慣れろと言われましたが、分解酵素の少ない私に慣れなど訪れるわけがありません。
以前にも大学にアルハラのことを訴えた先輩がいたそうです。でもなんの改善もなく今年も行われたということは、大学の教育方針にも何らかの問題があるとしか思えません。
このような信じられない状況の中、私は今も高額の授業料を払って大学に通い続けています。
もう払ってしまった授業料のために、働いてくれた両親のためにです。楽器がうまくなりたいという向上心は、飲み会で吐いた吐物とともに流れていったといっても過言ではありません。

<2005年にホームページに寄せられた訴え>
このサイトを読んで自分の軽率な行動に身震いしました。
今年から、大学のサークルで飲み会の幹事をやることになりました。早速新入生歓迎コンパがあるのですが、とくに1年生には毎年先輩方からお酒がまわってくるのが現状です。私自身もまだ2年生になったばかりなので、上の学年には逆らえない部分もあります。でも、悪質な行為をするのは一部の人間だけで、しっかりと守ってくれる先輩方もいるのでとても楽しい飲み会ですよ!って、アピールをしようと思います。
 実を言うと、盛り上げるためのイッキコールをネットで探している途中でこのサイトを見つけたんです。コンテンツを読んでいるうちに、自分の軽率な行動に身震いしました。猛省します。私はどちらかというとお酒は飲める方だと思っているのですが、そういう勘違いタイプの人間こそ、このサイトを見るべきだと思いました。
 この時期は、新入生歓迎コンパなどの飲み会が多い時期だと思います。新入生にとって初めてになるであろう飲み会で、お酒自体を嫌な思い出にしてほしくはないですよね。飲めない人にはソフトドリンクをしっかりと用意し、飲む人はアルコールの量を自ら考え、お酒の力に頼らずに周囲の皆が楽しく飲めるような場を作っていけたらいいと思います。幹事として、今後役に立つ様々なことが学べました。ありがとうございました。


まだ入学したばかりなのに、飲み会が怖くて、もう大学に行けない。
今年私立大学に入学した1年生です。入学式の後に新入生歓迎会があると知ったのは、当日でした。私はまったくお酒を飲んだことがなく、歓迎会が嫌でたまりませんでしたが、最初が肝心ということもあり、歓迎会に出ました。歓迎会は外で行なわれ、雨が降っていました。新歓が始まると同時に全員でビールイッキ飲み。次に1年生が一人一人自己紹介をして、イッキ飲み。声が小さいと何度も飲まされました。小さくなくても、話題によっては何度も飲まされました。たくさんの上級生に挟まれて、とても断ったり飲むふりだけをしたり、なんてことはできませんでした。私は倒れはしませんでしたが、周りの1年生は吐く人がたくさんいました。時間も遅く、ほとんどの1年生がつぶれたところで新歓はお開きになり、私はとても家に帰れる状態ではなく、先輩のアパートに泊めてもらうことになりました。
 1年生で1人だけ、断固として酒を飲まなかった人がいて、その人は複数の先輩たちに囲まれて怒られ、泣いていました。私がアパートにいたときも、複数の先輩たちがその1年生について陰口を言っていました。2年生の先輩たちは、比較的1年生に優しかったのですが、それでも「飲み会ではきつくても先輩につがれたら飲め」としか言いませんでした。
 後から聞けば、1年生をつぶすことが目的で、新歓は毎年行なわれているようです。そして飲んだやつは偉いというような風潮がありました。先輩たちもみんなつらい思いをしてきたはずなのに、どうして誰もやり方を変えようとしないのかが不思議でたまりません。不思議というよりも、疑問や怒りが湧いてきました。
 今大学には行っていません。頑張って入った大学なのに、入学式からまだ数日しか経っていないのに、どうしてこんなことになってしまったのかという思いでいっぱいです。また飲み会があると言われていますが、どうしても行きたくはない。行くのが怖くてたまりません。でも行かないとどうなるかわからない……でも、行けば飲まなくてはいけない。自分のやりたいことを勉強したいと思って入ったのに、本当に悔しくて悲しくてしょうがないです。
<2004年にホームページに寄せられた訴え>
1晩で2リットルを3夜連続強要され……
大学2年生の男性、お酒のつきあいに苦労している者です。文科系の部活動に入り充実した活動をしているのですが、その部活の飲み会だけは楽しむことができません。文化系の(音楽ですが)部活であるにもかかわらず、非常に激しい飲みを強要されます。一番ひどいのは、夏の合宿です。その合宿では、カキ氷を入れるような発泡スチロールのおわんに、透明な酒(日本酒、焼酎、スピリッツ系)を入れ、何かにつけ理由をつけて一気に飲まされるのです。その団体でノルマがあって、2リットルの透明な酒類を一晩で空けなければなりません。その飲み会が3晩続くのです。女性は飲まなくても許されるのですが、男性はそういうわけにいきません。拒否すれば、上級生はもちろん同級生にも「寒い、空気が読めてない」などと非難され、居場所が危うくなるのです。たしかに盛り上がるのは重要ですが、お酒がなくても盛り上げられるのが本当の楽しい集いではないかと思うのです。去年の合宿では頑張りすぎたせいか、私は急性腸炎になってしまい、病院に急患で駆け込み、一週間寝込んでしまいました。私はアトピー性皮膚炎やそれに伴う脱毛症があり、お酒を飲むと悪化するのです。大変なストレスで、一時期悲しみのあまり外に出られなくなりました。誰に相談すればいいかわからず、ずっと一人で悩んでいました。

3年留年しました。
私もアルハラ被害者の一人です。おかげでサークルとはすべてこんなものかと思い、大学に行かなくなりました。3年留年しました。

新人研修で役員に「あなたはお酒を練習しなさい」と言われ……
この春、愛媛県にある大企業に入社した友人の話です。新入社員研修で、ある役員の方が「お酒が飲めない人はいますか?」と全員の前で聞き、友人が手を挙げると「あなたはお酒を練習しなさい」と言ったそうです。「お酒は飲めたほうがいい」と。それを聞いていた人事担当者からも、その発言に対するフォローはなかったそうです。もちろん役員や会社から謝罪もなかったそうです。これってアルハラですよね。この友人いわく、差別的発言(耳の不自由な人に聞こえるように練習しなさいって言っているのと同じこと)だと言っていましたけど……。私はこの友人の気持ちがよくわかります。私もまったくお酒が飲めません。大学時代には飲めるようになろうと、二人で飲めないお酒を飲んでよく吐いていました。でも、この友人のように明るくいいやつなら、お酒が飲めなくても、飲み会やコンパにも呼ばれるということがわかってから、私も無理に飲むのはやめました。私も友人もいろんな酒席に出席しましたが、飲めなくて苦労したことはありませんでした。それなのに、大企業の役員ともあろうものがこのような発言をするなんて……恥を知ってもらいたいものです。

飲み会を断ったら上司に怒られ、孤立無援状態に……
私は神戸在住の31歳の女性です。実は、10年前に私自身、女子大を卒業してからの新しい職場でアルハラに遭いました。行きたくもないのに無理強いするのも、立派なアルハラですよね。飲めないからと拒絶しているのに、立場を利用して「一次会だけでも参加してやろうという気持ちはないのか」と上司は怒り口調。だけど、私はお酒アレルギーで飲めないんですよ。だから行きたくないって言っているのに。このやりとりのあと、誰からも優しい言葉をかけてもらえなくって、孤立無援の状態……、傷つきました。本当に思い出したくもないです。アルハラってはっきりいってイジメですね! アルハラ禁止の法律できればいいな、と思います。
<2003年にホームページに寄せられた訴え>
寮のイッキ飲み強要で退寮・休学
私は一浪して今年G大学に入学しました。そして入学式にも出れないまま、4月7日から休学しました。原因は、学寮でイッキを強要され急性アルコール中毒で入院したことです。大学に行き続ける自信がなく、そして学寮関係者の対応にも傷つきました。今二浪をして新しい大学を探そうとしています。メールでは表わしきれない感情がたくさんあります。私はただ我慢していけばいいの? どうすればいいのでしょうか。
(続報)寮は出ました。大学は休学しました。茨城の実家に帰ってきました。これからまた予備校に通い、違う大学を目指します。いきなり予備校代を出すことになった両親に申し訳ない気持ちでいっぱいです(宅浪も考えましたが、勉強できる環境でないので予備校を選びました)。心の整理はしたつもりですが、お金やいろいろなことを考えると関係者が憎くなり怒りがわきます。このように思ってしまう自分を何とかしたいです。どう考えればいいのでしょうか?


ビールにウィスキーを混ぜて“ショットガン”
K大の軽音楽部ROCKの飲み会では飲み物はビールしか用意されておらず、水をたのんだ一回生が幹部に怒られたこともありました。さらに、この前の飲み会では、ビールにウイスキーを混ぜてイッキ飲みするというメショットガンモを一回生全員にやらせ、体調が悪くてできなかった子が退部させられました。こんな部は一刻も早く廃部になるべきだと思います。

飲み会が恐くてしかたがない
大学の打ち上げの飲み会で、俺はイッキ飲みを先輩たちに強要されました。俺は1杯ビールを飲むだけで顔が赤くなるほど酒に弱いのです。新歓のときに新入生の自己紹介をした後にビールをイッキ飲みするというのをやらされました。その打ち上げのときも、同じことをやらされたのです。しかも俺がやりたくないと言ったところ、先輩が「イッキしないとはじまらないだろ」といって強要してきました。しかも「ごちそうさま」を大きな声で言わないともう1回やらされるそうで、俺はそれが嫌だったので大きな声で言いました。でももう1回イッキをやらされました。3回もイッキ飲みをやらされて吐いてしまいました……。それだけではありません。1年がイッキ飲みをしてる様子を先輩がビデオに納めているのです。すごく許せないことです。ある先輩から聞いたところ、先輩たちは1年生を酔いつぶすことを目的でやってるそうです。また飲み会があるとなると、怖くて仕方がありません。いつ殺されるのか分からないし、何杯飲まされるのかが怖くて仕方がないのです。イッキしないと盛り上がらない飲み会なら、日本から酒類を排除してほしいものです。

2001年「イッキ飲み防止キャンペーン」に寄せられた
アルハラ被害通報まとめ
(2001年9月5日に報道発表した内容をそのまま載せています)
〜若い男性ほど「飲み会にイッキ必要」「みんなで酔ってこそ連帯感」と思う傾向、男女年齢問わず多くの人が「未成年者飲酒少しならOK」「訓練すれば強くなる」と思っている!〜
イッキ飲み防止連絡協議会(事務局:東京都中央区、代表:加来 仁)は、「第9回イッキ飲み防止キャンペーン」の一環として、2001年4月から6月にかけて実施したアンケート調査「あなたの隠れアルハラ(※)度」の結果を発表します。
※アルハラとは:アルコール・ハラスメントの略。アルコールにまつわるいやがらせ・人権侵害の総称。
1)身体的被害(死亡・急性アルコール中毒・嘔吐ほか)

●電話での通報 5月8日 女性、年齢不明(40代?)
息子が大学のクラブで飲酒強要にあった。大学は学生が少なく強制的にクラブに入れられる。そうしないと人間関係が作れず「輪を乱すな」と言われる。入部前の勧誘では手厚く接待されたのに、入部するととたんにひどい飲酒強要。熊本での事件のように携帯等貴重品を取られ、部室に鍵をかけられてすごい量飲まされた。本人は「もう致死量飲んでいるから危ない」と思い、部室を命からがら逃げ出して、公衆電話で救急車を呼んだ(このことで後日クラブ関係者に非難された)。病院に着いてろくな処置もされず「急性アルコール中毒なんかで救急車を呼ぶんじゃない」と言われ、お金も持っていないのに放り出された。引越して間もなくて帰路もよく分からず、街頭で気を失って倒れた。数時間後起きてタクシーで帰宅、同じマンションの友人がタクシー代を立て替えてくれた。顧問教授や講師等がいる飲み会でも、焼酎・紹興酒などをイッキ飲みさせられた。「死ぬまで飲め」と先輩に言われた。県外から入学した息子はよそ者扱い、「仲間になりたいなら証拠を見せろ」と飲酒を強要された。大学にいたかった息子はクラブを辞めることができなかったが、度重なる飲酒強要を苦に休学してしまった。こんな大学だと知っていたら、親として行かせなかったのに。

●電話での通報 5月11日 女性、年齢不明(40〜50代)
長男が大学でテニス部に在籍。合宿などでお酒を飲まされていて心配。去年の夏合宿では飲酒後嘔吐し、ふとんを弁償した。親としては腹立たしいが、子は「仕方ない」と言う。みすみす放っておいていいのか。

●「アルハラ掲示板」*への投稿 4月9日 女性、年齢不明(20代?)
今春大学入学をした弟が入った学校の寮で、歓迎会と称して連日連夜の飲み会。昼夜問わず、しかも、吐かせる事を目的としていたようで、お酒など飲んだことのなかった弟は急性アルコール中毒に。姉の私が寮長(学生)にすぐ連絡をつけたが、ただ「すいませんでした。もうしません。」と言うだけで、ますます怒りが込み上げてきた。父が2時間も高速を飛ばして大学に出かけた。事前に訪問を知らせ、昼頃到着したのにも関わらず、対応した事務長は「学長と連絡つかない」と言った適当な対応だった。父が「来るまで今日は帰らない、警察に連絡するしかない」と言ったら、急に顔色を変えて、副学長を呼び出したが、その到着も夕方5時だった。
まだ、学校の授業も始まってなかったのに、弟は、寮を出ることにした。本当にこんなことを起こして欲しくない。それに、危機管理もちゃんとしてほしい。責任も、誠意をもってとってほしい。
*「アルハラ掲示板」は、イッキ飲み防止連絡協議会が2001年4月1日〜5月31日の期間限定でネット上に開設した掲示板です。


●「アルハラ掲示板」への投稿 4月14日 女性・年齢不明(会社員)
会社関係のお葬式の手伝いに行くと、「お清め」と言って日本酒を飲まされる。
たとえ一口だろうと舐めるだけだろうと、私には拷問。臭いだけで倒れそうになる。いくら飲めない事を訴えても、「お清めだから」の一点張り。断りきれなくて、ちょっとだけ舐めたとき、すぐに吐き出した。そんな私の様子を周りは笑ってるだけ。次の日には会社中で笑い話になっていた。今は仕事も変わって、手伝いに行く事もなく、会社の飲み会は全て断っている。
「付き合いが悪い」って言われてますが、行けば必ずアルハラ・セクハラの被害に遭うのは目に見えてますので。やっとこの会社を辞めるめどがたって、ほっとする反面、送別会をいかに乗り切るかに頭を悩ませている。


●「アルハラ掲示板」への投稿 4月27日 男性・年齢不明(会社員・中間管理職)
現在の会社に勤めて、16年になる。この春の人事異動で他部署への配属になり、アルハラに悩んでいる。配属になった初日から、歓迎会と称する拷問が始まった。
自分は飲めなくは無いが、6年前に肝臓をこわして酒は辞めていたのに、歓迎会への強要の上、ドクターストップの為飲めない事を告げると「そんな物関係ない」としこたま飲まされた。
さらに「おまえは〜・・・・」と散々殴られる始末。ああ。中間管理職って辛いや。
踏ん切りの良い所で、この会社は辞める。こんな会社でも株式2部上場企業だ。
飲み会の時の言動や行動(殴られたこと)をメモ(日記)に残すようにしているので、後日、これを元に裁判でも出来たらと考えている。上司はお酒の強要だけでなく、飲酒運転も強要するため、会社には車に乗って行かなくなった。

●「アルハラ掲示板」への投稿 5月6日 男性?・年齢不明(社会人)

私の兄は飲酒運転を強要され事故を起こし、同乗者が亡くなった。やめさせられなければ、「死ぬ覚悟はあるのですか」と強要する人達に言うべきだ。

●「アルハラ掲示板」への投稿 5月9日 男性・年齢不明(大学1年生)
私はついこの間、大学の部活の新歓で初めてアルハラを経験した。まだ大学に入ったばかりでろくに飲んだこともないのに、ビール6杯と焼酎5杯をイッキ飲みさせられ、次の日までほとんど動けなくなった。いくら「こんなのはおかしい」と言っても、「伝統だから」と言われて聞く耳を持たない。こんな馬鹿げたことはこの世から無くなってほしいと願うばかりだ。

●「アルハラ掲示板」への投稿 5月22日 男性?・年齢不明(社会人)
私は医療関係の公務員。ごく普通の新入課員歓迎の飲み会で。皆で料理をつつきながら,課長のあいさつの後,果実酒で乾杯。その後好みに応じてビール、日本酒。親入課員等が課長はじめ上司に酒をついで,宴会は盛り上がった。家庭持ちの私が中座したのが8時30分、その少し前に席を立たれた課長が9時16分に、心筋梗塞で亡くなったのを知ったのは翌日だった。皆,課長が心臓が悪く、アルコール煙草を止められていることは知っていたはず。特に、最後まで一人でお世話していた幹事の方は、どうして救急車も呼ばずにいつもどおりに代行で帰してしまったのか。こういうのも、本人のセルフコントロール能力欠如で済ませられてしまうのだろう。

●「アルハラ掲示板」への投稿 5月22日 男性・年齢不明(社会人)
千葉県の、ある精神病院でアルコール依存症回復者として患者さんたちの相談を聞いているが、患者さんのなかには退院後、職種によってどうしてもアルコールの付き合い(ほとんど強制)を避けられない方達がいる。仕事の内容によっては、確かにほんの一口でもしきたりとして飲酒しなければならないのが現実。しかし、依存症の人にとってはその一口が再飲酒、連続飲酒への引き金になってしまう。アルハラ問題は、イッキ飲み防止のみならず、こうした依存症者達の再飲酒防止もふまえて早期に法的保護が必要だと考えている。

2)精神的・社会的被害(精神的苦痛・退職・退学・休学・対人恐怖ほか)

●電話での通報 4月17日 女性、年齢不明(60代?)
孫(男子大学生)が体育部に入部し、昨年12月の飲み会で、イッキ飲みをさせられるのが嫌で欠席したところ、退部させられた。

●FAXと電話での通報 4月27日 男性、年齢不明(40〜50代)
大学生の甥がイッキ飲みを強要され、体調を崩して休学を余儀なくされた。

●電話での通報 5月7日 30代男性
4月に異動になり工場勤務になったが、この2週間のうちに職場で5、6回の飲み会。都度3000〜5000円の出費は痛い。酒・タバコ・ギャンブルをやらないものは職場で「変態」扱いされる。断わると仲間はずしやいやがらせ。下戸のグループもいるが、そちらにグループ変えするだけでも意地悪されそう。上司もこの伝統に染まっているから相談できない。転職も考えている。

●電話での通報 5月8日 女性、年齢不明(40〜50代)
大学1年の息子が寮の新人挨拶でとちっただけでひどく飲まされた。結局退寮したが退寮したのは息子で7人目。退寮してのひとり住まいは経済的に負担。寮の先輩に「飲酒強要は犯罪」と言ったら「寮の伝統だ」と言い返された。学長に厳重抗議した。

●「アルハラ掲示板」への投稿 4月11日 性別・年齢不明(大学1年生)
今年大学法学部に入学し、学生寮に入った。入寮の日にさっそく「新入生歓迎会」と称した「飲酒強要集会」があった。先輩に私は肝臓が悪い疑いがあるので、と断ったのですが、多少飲まされてしまった。(4月中にまだ2回ほどそういう集会が予定されている。)
聞くところによると「学生寮」は体育会系になりがちでは飲酒強要の傾向が強いそうだ。体育体系の人間でアルコールに強い者は、文化系のおとなしい人間でアルコールに弱い者を無視して行動するから厄介です。(上記の飲酒強要集会でも見られた。)
「血吐くほど飲ませるで」
「飲まんかったらみんなが許さんぞ」
「どうせ社会に出たら飲まされるんだから馴れとかな」
「肝臓を鍛えるためだ」
「はけば大丈夫」


以上、寮で開かれる飲酒強要集会を数日後に控えた後輩への「先輩方」の言葉。偏見と無知で固まっている、アルハラそのものだと思う。教育改革の際は大学現場での飲酒強要の防止も考えてほしい。
1年生たちは「あたかじめ牛乳飲んだら少しは楽」「おにぎり食べといたら」といった急性アルコール中毒防止の話し合い。
毎年寮で恒例の、新歓コンパと題した飲酒強要集会。新入生は一発芸をやるのが義務らしいが、過去の例には「日本酒にわさびを入れてイッキ飲み」や「ビールイッキ飲み」、考えていなかった新入生は「体毛の一部を沿ったものを混ぜた酒をイッキ飲み」ということがあったそうだ。ほかにも自己紹介といって大声で名前・出身校を叫び、その際、イッキ飲みがともなうというものもある。


●「アルハラ掲示板」への投稿 4月15日 女性・年齢不明(大学1年生)
大学のコンパってこんなに飲ませるものなんですか?女の子はそれほど飲まされませんが、特に男の子は一気飲み当たり前のようにさせられています。逃げ道はほとんどないので飲めない人はどうするんだろうとハラハラさせられます。

●「アルハラ掲示板」への投稿 4月20日 女性・年齢不明(大学生)
私の暮らしている大学の寮ではアルハラがひどくて困っている。私自身は女子寮で、飲み会でもお酒を強要されることはないが、男子寮とのコンパの時は、何かあるとすぐ「イッキ」コールがかかるし、酔った男子寮生が暴れたり、体をさわってきたりともう最悪。
もっと嫌なのは、そうして人に迷惑をかけたことを「酒の席だから」で終わらせること。「酔っていた」「記憶がない」などの言葉で許されると思っている人があまりにも多い。
大学もこの状況を(絶対)知っているはずなのに何も言ってきません。伝統?伝統って何でしょう。こんな伝統いりますか?
アルハラで相手を訴えるにはどうしたらいいのだろうか。今現在の状況で、それは可能?確かに私は死んでもいなきゃ急性アルコール中毒になったわけでもない。でも受けたダメージは大きいん。そしてそれは私だけではありません。本気で起訴するくらいの勢いでないと、「伝統」とやらからは解放されない。


●「アルハラ掲示板」への投稿 4月28日 男性?・年齢不明
私はビール100mlで吐いてしまったこともある超下戸。大学に入って最初の飲み会でイッキの嵐を目の当たりにし(その時はうまく逃れましたが)人間関係を広げるのが怖くなった。
最初は体育会系のクラブに入るつもりだったが、アルコールがどうしてもひっかかり、結局飲まないことで有名な(?)テニスサークルに入部。アルバイトを始めても飲み会などには顔を出していないし、友人同士で飲む際も、理解のある人間としか行かなかった。そのことで付き合いが悪い、ノリが悪い、といわれ、飲み会はおろか、それ以外のイベントにも誘ってもらえなくなり、大学1年の秋頃には完全な対人恐怖症に陥った。
幸い、私は理解のある友人に恵まれ、彼らのおかげで最近は高校時代の自信を取り戻しつつある。しかし、そんな彼らでも「飲めば強くなるよ。」と言ったり、ノンアルコールを頼むと露骨に嫌な顔をしたりしています。彼らにとっては冗談の範疇なのだろうが、私には耐えられない。
今、就職活動をしているが、このまま社会に出ることが非常に不安。商社や広告代理店の仕事への興味もありましたが、「接待してなんぼの世界」と聞いてあきらめた。なぜアルコールのために自分の夢をあきらめなければならないのか、納得がいかない。
それから、居酒屋さんはもっとイッキを厳しく注意すべき。張り紙はあるけど注意しない、というのが当たり前のこの世界。それで飯を食ってる以上、何とかすべきだ。


●「アルハラ掲示板」への投稿 5月2日 男性・年齢不明(大学3年生)
私は、おそらく酒が飲める体質です。しかし私は酒を飲まない。それは誰も侵害できないはず。以前友人に、「酒を飲まないという些細なことで自分の人生を棒に振るのはもったいないじゃないか。そんなことで諦める夢ってなんだよ?」と言われた。しかし私の結論は「飲まないことは私の信条であり、誰も侵害できない。私がこの選択をしたことで、私の人生を棒に振らせる人間がいたとしたら、彼は間違いなく人権侵害者なんだ」「酒を飲むという些細なことで叶ってしまう夢って何なのか?」「酒を飲まないことが些細なことなら、なんであなた方はそんなに必死になって私に飲ませようとするのか?」
本当に困っているのだが、「飲まない」者も「私は飲みません。」と言っただけでは済まない。しつこく「飲まない」理由を問い詰められる。しかし、嫌だと言うのに強要してくるような人に、いちいち答える必要などないはず。そもそも、「飲まない」ことに理由が要るのかどうかも疑問だ。
大学1年の春に新歓コンパで酒を飲まないでいると、周囲からはほとんど興味を示されず強い疎外感を感じ、それ以来他のサークルを回る気力も失せ、田舎から一人で上京してきた私には友人はできず、その秋には神経症になってしまった。2年次は休学。今も軽い対人恐怖が続いている。


●「アルハラ掲示板」への投稿 5月14日 男性・年齢不明(大学生)
私が大学に入学してある運動部に入って直ぐの歓迎会。顧問の教授もその他の先生もいたのに、新入部員のイッキ飲みが始まった。新入部員が横一列に並び、ビール瓶を持つ。そして一同一番早く飲みきると思った者の前に掛け金を置きます。そしてイッキスタート。その後も2次会、3次会と凄まじいものだった。なんとか急性中毒者は出なかった。いや、出してはいけない。なぜなら、この大学は医科大学だから。後でほかの部では急性中毒者が出ていたらしいと聞いた。しかし、決して自分の大学病院には搬送しない。身元がばれないようにほかの病院へ連れて行くそうだ。危険性を十分認識している医学生ですら(医者も)こんなものです。

●「アルハラ掲示板」への投稿 5月14日 性別・年齢不明(大学生)
私の大学は、国立の教員養成大学。公務員であるはずの教授達は、新一年生に、歓迎会等で、酒を勧めたり、未成年なのに、酒を飲むことに対して、注意をしなかったりする。それは、ほんとにおかしいと思うので、教授と話し合いを持とうとしたが、大学生は大人扱いされるべきものなので、未成年で酒飲むのは許されることだと言われた。おかしいと思う。未成年で酒を飲む友達に「将来あなたが、学校の先生になった時、教え子に未成年で酒飲むなとか、教育出来ないんじゃない?自分は未成年で、酒飲んでるんだよ?」と言ったら、「それとこれとは、別だ」とか、私にはご都合主義的なことにしか感じられない事ばかり言って、飲んでいた。私も先生の卵の一人として、将来子供に「お酒は成人してから飲まないと、体の成長に悪いんだよ」という教育をしたいので、未成年の時は飲まなかった。いまは、もう成人しているので、時々楽しく飲んでいる。
→イッキ飲み防止サイト・トップへもどる イッキ飲み防止サイトトップへもどる