飲み会主催者・参加者の「5つの責任」

  アルハラをなくすこと。

飲酒にまつわる嫌がらせ・人権侵害をしない。飲めない人への配慮として、ノンアルコール飲料を用意すること。

  吐く人を出さないこと。

「吐けば大丈夫」という考え方は非常に危険であると認識する。限界以上に飲ませないよう心がけること。

  酔いつぶれた人が出たら、介抱し、保護すること。

決して放ったらかしにしてはいけない。救急医療に連絡するなどの対処をとること。

  未成年者に飲酒させないこと。

法律で禁止されている。20歳未満は身体が未発達なため、飲酒による影響が大きいということを忘れないこと。

  車を運転する予定の人に飲酒させないこと。

飲酒した人はもちろん、勧めた人も法的に罰せられる。飲酒運転が惨劇を生み出すことを理解すること。