イッキ飲み法律学

監修:浅野 晋 弁護士

イッキ飲みを強要したり、はやしたてるだけでも、刑事・民事責任を問われることがあります。

ケース 

先輩
「さあA、イッキいってみよう!」
Aくん
「すみません。飲めないもんで...」
先輩
「バカヤロー! 飲まなきゃ殴るぞ!」
Aくん、仕方なくイッキ飲み。
先輩は……
強要罪
(3年以下の懲役)

ケース 

先輩
「わが部の伝統だ。新入生は全員つぶれるまで飲ませるから、覚悟してもらおう! 吐く場所も用意してあるぞ。さあB、イッキいってみよう! みなさん、イッキコールよろしく! それイッキ! イッキ! イッキ!……」
Aくん
「イ、イッキ、イッキ、イッキ……」
Cくん
「いいぞ、いいぞ!」
Dくん
「その調子でもう一杯!」
Bくん、仕方なくイッキ飲み、急性アルコール中毒で病院にかつぎこまれる。
先輩は……
傷害罪
(10年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料)
死亡した場合
傷害致死罪
(2年以上の有期懲役)
Aくん、Cくん、Dさんは……
傷害現場助勢罪
(1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料)

ケース 

Cくん
「先輩、こいつ、ヤバいんじゃないですか。さっきもひどく吐いて、呼んでも返事しないし。救急車を呼んだ方が...」
先輩
「ほっとけ、ほっとけ。そのぐらいの酒で死にゃしないって。救急車なんか呼んだら、それこそヤバい。この間も主将が顧問から注意受けてるんだから
Dくん、手遅れで死亡。
先輩は……
保護責任者遺棄致死罪
(3か月以上5年以下の懲役)

解説

「強要罪」は脅迫して無理やり飲ませた場合。
「傷害罪」は最初からつぶすことを目的に飲ませた場合。
「保護責任者遺棄致死罪」は酔いつぶれた仲間に必要な保護をせずに死に至らしめた場合。
「傷害現場助勢罪」は傷害行為を扇動した場合にあてはまります。

他にも、相手が酒に弱いのを知っていて無茶な飲み方をさせ、急性アルコール中毒になれば「過失傷害罪」、死亡すれば「過失致死罪」に問われることもあります。

また、飲まされて被害を受けた側が、訴訟や調停に持ち込み、損害賠償金を請求するケースも増えています。

飲ませる側の責任は重大。それでもあなたは、「イッキ飲ませ」を続けますか?