ASK飲酒運転防止インストラクター養成講座
「上級インストラクター」をご希望の方へ

「スキルアップ研修」はASK飲酒運転防止インストラクターに認定された方を対象として毎年9月〜12月に全国各地で開催しています。
法改正や新法の制定、アルコール関連問題の新しい知見や対策など、飲酒運転問題をとりまく環境は変化しています。「スキルアップ研修」は、新しい情報の提供や様々な事例検討を行ない、インストラクターが自分の職場や地域でより充実した活動ができることを目指しています。
また、この研修は運輸・一般企業・医療保健・刑務所等々、様々な業種のインストラクター同士の交流の場にもなっています。お互いの情報や経験の分かち合いは、大きな刺激になり、活動のヒントとなります。
 参加料は 5,000円。8月中に案内をお送りします。届かない場合はご連絡ください。
Tel:03-3249-2551

【2016年度のスキルアップ研修プログラム(3時間)】

★節酒の実践指導を実際にやってみよう!

=*=*=*=*=*=*=*=プログラム=*=*=*=*=*=*=*=*=

1.参加者の自己紹介
2.アルコール健康障害対策推進基本計画・・・・その中身は?
3.アルコール検知器使用の落とし穴とその対策
 〜次々に起こる不祥事の原因と効果的な対策は?〜
4.効果が上がる節酒指導

5.グループワーク
 1)節酒と断酒の実践プランの実際(演技と合評)
 〜面接と目標設定→宣言→実行の記録と確認→支援〜
 2)事例討議

◇新しい資料
 ・アルコール健康障害対策推進基本計画のまとめ
 ・アルコール検知器の落とし穴〜事例集〜
 ・効果が上がる節酒指導とは
 ・節酒と断酒の実践プラン
 ・知って得する!アルコールの基礎知識<ハンドブック>
 ・新たな「ケーススタディ集」(10ケース)
 ・「アルコール1単位カード」

くわしくはこちら(PDF)

【2015年度のスキルアップ研修プログラム(3時間)】

★あなたの知識は大丈夫? 〜検知器/自転車/基本法/0・1・2・3〜

=*=*=*=*=*=*=*=プログラム=*=*=*=*=*=*=*=*=

◇「自転車」に要注意 取り締まりと罰則が強化!
◇社会のニーズを受け、「アルコール検知器協議会」が発足
◇新入社員の教育に使いたい 警察庁の驚きのデータ!
◇アルコール健康障害対策基本法……最新の動きは?
◇わかりやすい啓発標語「0・1・2・3」とは?

◇グループワーク
 ・アルコール検知器にかからない工夫
 ・正しいアルコール検知器の使い方
 ・アルコール検知器にかかった人への対処法

◇新しい資料
 ・新たな「ケーススタディ集」(10ケース)
 ・自転車の罰則強化
 ・アルコール検知器〜国民生活センターが指摘した性能の問題〜
 ・若者の飲酒運転の特徴について(警察庁の新たなデータ)
 ・「アルコール健康障害対策基本法」の今!
 ・New「アルコール1単位カード」

くわしくはこちら(PDF)

 
【2014年度のスキルアップ研修プログラム(3時間)】

★新しい次元に入った、職場の飲酒運転防止対策!

=*=*=*=*=*=*=*=プログラム=*=*=*=*=*=*=*=*=

◇制定された「アルコール健康障害対策基本法」とインストラクター
◇求められる職場でのアルコール対策
◇各地で始まる「アルコール関連問題啓発週間」
◇キーワードは「不適切飲酒」だ!
   (A)習慣的な多量飲酒
   (B)世界で注目の「ビンジドリンク」
   (C)飲んではいけないとき

◇グループワーク
 動機づけの低い人たちの飲酒行動を変えるには?

◇新しい資料
 ・改訂版「DVD活用マニュアル」
 ・新たな「ケーススタディ集」!(8ケース)
 ・これだけは知っておこう!「アルコール健康障害対策基本法」
 ・キーワード「不適切な飲酒」とは?
 ・新法「自動車の運転により人を死傷させる行為の処罰に関する法律」
 ・危険ドラッグ(脱法ハーブ)と交通事故
 ・ウコン神話のリスク
 ・認定インストラクターの職種別・都道府県別人数

くわしくはこちら(PDF)

 
【2013年度のスキルアップ研修プログラム(3時間)】

★各現場の悩みを出し合い、解決策を考えよう!

=*=*=*=*=*=*=*=プログラム=*=*=*=*=*=*=*=*=

◇「アルコール健康障害対策基本法」はどんな法律?
◇発展する「飲酒運転防止インストラクター」
 (これまでの実績と今後の取り組み)
◇注目! 若者・女性の飲酒運転の特徴はこれだ!
◇グループワーク
   (1)アルコール知識教育の落とし穴
      ex)1単位4時間を教えたところ、ぎりぎりまで飲む
        1日1単位を伝えたところ、休日前にドカ飲みする
        飲めない人へは…
   (2)アルコール検知された人を、その後どうしているか(各社の取り組み)

◇新しい資料
 ・新たな「ケーススタディ集」!(10ケース)
 ・若者と女性の飲酒運転事例の分析レポート
 ・飲酒運転防止[7つの落とし穴]トイレットペーパー
 ・ASKリバーシブル予防パンフレット4種セット(見本)
 ・アルコール健康障害対策基本法のリーフレット
 ・飲酒運転防止の取り組み
  ―飲酒運転防止インストラクター養成への途―(山村陽一)

リンク
   
   
   
養成講座トップ 募集要項 お申し込み ASK(HOME) 個人情報保護方針
沖縄 関東 関西