HOME
 
アルコール健康障害対策基本法
 
アルコール依存症
 
うつ・自殺とアルコール
 
薬物乱用
 
イッキ・アルハラ
 
飲酒運転
 
AC
 
妊娠とアルコール
 
予防プログラム
 
自分らしく生きるための道具箱
 
アスク・キッズ
 
アルコール・ルパンを追え!
 
ASKの本
 
目次
 
若者の飲酒運転事例の分析
2012年度まとめ
特定非営利活動法人ASK 飲酒運転対策特別委員会

Yahoo!/Googleのニュースに掲載された記事から、2012年4月1日〜2013年3月31日に発生した飲酒運転事故・検挙で、運転者が10代〜25歳である79件を抜き出し、傾向を分析した。
データソースが、あくまでネットから採取できた記事に限られており、「マスコミが取り上げた事件」という偏りがあるものの、顕著な傾向が見られたので報告する。


年齢別件数
年齢 17 18 19 20 21 22 23 24 25
件数 1 4 6 12 6 13 15 12 10 79
同乗者あり 1 2 3 5 2 5 2 2 0 22
事故あり 1 4 4 10 5 11 11 9 8 63
死亡事故 0 1 0 5 1 5 1 1 1 15

事故(検挙)発生時間
午後 午前
未明
12時〜17時 17時〜0時 0時〜5時 5時〜12時
2 14 39 21
16 60(75.9%)

I 若者の飲酒事故の特徴
1.一緒に飲んでいた仲間が同乗しており、同乗者を巻き込んだ死傷事故につながっている
18 不明 電柱に衝突。同乗者1人が車外に投げ出され意識不明の重体。3人が打撲。事故後、別の少年が運転者と名乗り出たが身代わりが判明。
18 高校生 前を走っていた乗用車を追い越そうとして接触、転倒。同乗の10代男女4人が重軽傷。カラオケに向かう途中で、高校生は免許を取って半年。
20 調理見習い 道路わきの花壇に衝突。居酒屋からの帰宅途中で、同乗の10代の少年2人が骨折や打撲の負傷。0.4r/l。
20 大学生 車が雑木林に突っ込み、事故の衝撃で19歳の同乗者が放り出され死亡。運転者と他の同乗者5人は友人と車を放置して逃走。7時間後に出頭。6人は事故直前まで酒を飲んでいた。
20 不明 前走車を追い抜いた弾みで街路樹に衝突。同乗の21歳が死亡。アルコール検出。
21 会社員 道路脇の倉庫に衝突。車外に投げ出された重体の高校生現場に残して逃走。5人乗りの車に7人が乗車。「飲酒運転していたので逃げた」
22 配管工 男女5人が載った車が電柱に衝突。17歳の同乗者が死亡。3人が軽傷。ドライブに行く途中だった。アルコール検出。
22 土木作業員 酒酔いで菓子店に突っ込んだ。無免許で、約5分前には約3キロ離れた市道で乗用車にバックで当て逃げ22歳の同乗者が骨折。0.71r/l。「繁華街で焼酎を10杯ほど飲んだ」
22 不明 街路樹と衝突、助手席の21歳が死亡。運転者が鎖骨骨折の重傷。アルコール検出。
23 とび職 ガードレールに突き刺さり、同乗の20歳が死亡、運転手を除く18〜20歳の男女3人が重傷。自宅で飲んだ後、車で遊びに行き、帰る途中。免許を未取得。「自宅と車内で缶酎ハイを4、5本飲んだ。ちょっとぐらいならいいだろうと思った」

よく見られるのが、一緒に飲んでいた仲間が同乗した状態で事故を起こすケース(バイクのケースもある)で、上の表のように、同乗者が死傷する例が非常に多い。
上記以外にも、22歳が起こした衝突事故で、相手側が少年7人が乗ったワゴン車(飲酒運転ではない)だったものがあり、運転者本人と少年3人が死亡している。
また、大きなケガには至らなかったが、飲み仲間らしい同乗者を伴う事故や検挙が他に9件ある。
22歳を過ぎ年齢が上がるにつれてこのパターンはあまり見られなくなっていくので、若者の行動特徴として「仲間を乗せて運転する傾向が強い」と言ってもよいだろう。そのため、いったん事故が起きると大きくなる。
シートベルトをしていなかったのか、同乗者が車外に投げ出されるケースも3件あった。そのうち、放置して逃走したケースが2件だった。
また、同乗者を身代わりに立てようとした例が3件あった。


2.多くが未明〜朝にかけての時間帯に発生している
午後 午前
未明
12時〜17時 17時〜0時 0時〜5時 5時〜12時
2 14 39 21
16(20.3%) 60(75.9%)

未明・朝が顕著に多い。直前まで飲んでいた例が多いように思われるが、記述がない記事が多いため、データがとれない。

3.ひき逃げ、身代わり、無免許など悪質なケースが目立つ
18 会社員 歩行者をはねて死亡させ逃走。ナンバープレートをはずして山中に車を乗り捨て。「酒を飲んでいたので逃げた」
19 不明 歩道に乗り上げ、歩行者に追突して逃走
19 アルバイト 交差点で追突事故を起こし逃走。成人式に行く途中で、一緒に式に出席する予定の友人が同乗。
19 無職 運転がおかしかったためパトカーが追跡。職質したが逃走。基準値の2〜3倍が検知。前夜から「さっきまで飲んでいた」
19 自衛隊員 19歳と20歳2人の3人の隊員で一緒に飲酒し、同乗。コンビニの壁に衝突。20歳の隊員が身代わりで逮捕。のちに運転していたのは無免許の19歳であったことが判明。
20 漁師 女性をひき逃げし死亡させた。昨年、免許取消処分を受けており無免許。「数人で酒を飲んだ後に事故を起こした。怖くなって逃げた」
20 大学生 車が雑木林に突っ込み、事故の衝撃で19歳の同乗者が放り出され死亡。運転者と他の同乗者5人は友人と車を放置して逃走。7時間後に出頭。6人は事故直前まで酒を飲んでいた。
21 警察職員 飲食店で同僚と飲み、帰宅途中に大型トラックと接触し逃走。翌日自首。生ビールをジョッキで2杯、日本酒を5合飲酒。「飲酒運転が発覚すればクビになるので逃げた」
21 女子大生 ミニバイクで信号無視、パトカーに追跡され逃走して、電柱に衝突。後ろに乗っていた女子大生とともに顔などに軽傷。2人は自宅で飲酒し、カラオケ店に行った帰り。
21 会社員 道路脇の倉庫に衝突。車外に投げ出された重体の高校生を現場に残して逃走。5人乗りの車に7人が乗車。「飲酒運転していたので逃げた」
21 アルバイト 交通整理の警備員をはねて死亡させ、逃走。「朝方まで友人と酒を飲んだ帰りだった」
22 大学生 車とぶつかり左手の中指と小指を切断、交差点に指を残したまま立ち去り病院へ。酒のにおい。
22 土木作業員 酒酔いで菓子店に突っ込んだ。無免許で、約5分前には約3キロ離れた市道で乗用車にバックで当て逃げ。22歳の同乗者が骨折。0.71r/l。「繁華街で焼酎を10杯ほど飲んだ」
23 とび職 ガードレールに突き刺さり、同乗の20歳が死亡、運転手を除く18〜20歳の男女3人が重傷。自宅で飲んだ後、車で遊びに行き、帰る途中。免許を未取得。「自宅と車内で缶酎ハイを4、5本飲んだ。ちょっとぐらいならいいだろうと思った」
23 大学生 交差点でタクシーや別の車に衝突、逃走。基準値の4倍のアルコール検出。「大学の友達らと酒を飲んだ」
23 トルコ人 信号無視でパトカーに追跡されて逃走、交差点で衝突。はずみで自転車2台をはねた。4人が重軽傷。アルコール検出。
23 会社員 盗んだトラックを運転中パトカーに気づいて急加速して逃走、交差点で車に衝突。0.25r/l。
24 会社員 19時から翌日にかけて知人と酒を飲み、帰宅後会社の営業車を運転して外出。検問の手前でUターンして逃走したためパトカーが追跡する途中、ガードレールに衝突。今年4月に免許取消で無免許
24 大工
インド人
高校生をはねて死亡させ、逃走無免許で飲酒運転。アルコール検出。
24 小学校講師 新聞配達人をはねて重傷を負わせ、逃走。7時間後に自首。「バーで友人2人とビールを3杯飲んで運転した」「飲酒していたので怖くて逃げた」
24 無職 対向車に衝突、運転者に軽傷を負わせ、逃走。同乗していた20歳女性が身代わりで自首したが、虚偽が判明。
24 飲食店店員 朝から若者が多数乗る車をパトロール中の署員が見つけた。後部座席の飲酒していない女性と入れ替わったが署員が目撃。
24 ベトナム人 停車中の車に追突。車を放置して逃走。0.25r/l以上。無免許
24 自衛隊員 飲食店で飲んだ後、単独事故。0.55r/l。直前まで一緒に飲酒していた4人も同じ車を使って買い物に行っていたうえ、口裏を合わせて事実を隠ぺい
25 会社員 車に衝突し逃走
25 会社員 ひき逃げ事件を捜査していた署員が検挙。
25 無職女性 渋滞で止まっていた車に追突。0.35r/l。10分前にも当て逃げ。「市内の店で午前1時半すぎから朝までビールを5〜7杯飲んだ」
25 会社員 酒酔いで信号無視で出会い頭に衝突、死なせた。その直前にも追突していた。0.25r/l。
25 大工 無免許でバイクを運転、「ビールを飲んだ」
25 とび職 国道を約1キロ逆走し、正面衝突して軽傷を負わせた。徒歩で逃げた。「酒を飲んでいたので逃げた」
25 会社員 無免許で単独事故。アルコール検出。
25 海上自衛隊員 飲酒後、乗用車で帰宅途中に自損事故を起こしたが警察に通報せず、事故を目撃した住民が通報。

ひき逃げ・当て逃げ、追跡されて逃走し事故(3)、車外に放り出された仲間を見捨てて逃走、無免許など、悪質な事例が目立つ(マスコミ報道事例であるためかもしれないが)。
一緒に飲んだ仲間を乗せて事故を起こして逃走し、身代わりを画策するというパターンは、2006年8月25日に22歳の福岡市職員が起こした3児死亡事故にみられたものだ。あの事後は、若者による飲酒事故の典型例といってよい。
アルコールによる理性のマヒに、若さゆえの短慮が重なって、最悪の行動をとってしまうのか。
被害をさらに広げてしまうため、対策が必要である。

II 若者の飲酒事故防止のための対策

免許取得最少年齢は18歳であり、高校卒業後、大学や専門学校在学中に免許をとる人が多い。
これは20歳の飲酒開始年齢(実際にはそれ以前に飲酒を開始する例が多い)とピッタリ重なる。つまり、運転も飲酒も初心者なのである。しかも、若者は仲間とつるむという行動的な特徴がある。
実際、上記の事例分析から、「若者は仲間と飲酒し、その仲間の車に同乗する傾向が強く、同乗者が死傷する事例が多い」ことが浮かび上がった。
10代〜20代前半の若者にとって、仲間との連帯は大きな意味を持つ。仲間と盛り上がると、一人では絶対やらないことも行なってしまう。場のノリというピアプレッシャー(仲間の圧力)は抗しがたく、止めるのがむずかしい。
折しも、大学生の急性アルコール中毒死が社会問題になっており、これも仲間の中で起きている。
上記の特徴を踏まえ、さまざまな角度から、以下のような対策を進めることが急務である。


1.警察…若者の飲酒運転の特徴について、データ解析をし、効果的な対策のため関係機関に協力要請をする。
2.自動車教習所…普通免許学科教習の中で、若者たちの事故の特徴、飲酒運転につながる飲酒習慣など、
  アルコールの基礎知識を教える。若者の事故の特徴を示して注意喚起する。
3.高校…飲酒の誘惑や運転免許取得が目の前に迫った卒業年の3年に、アルコール教育を実施する。
  若者の事故の特徴を示して注意喚起する。
4.大学・短大・専門学校など…飲酒運転・急性アルコール中毒・アルコール依存症などについて、
  具体的かつ総合的なアルコール教育を行なう。若者の事故の特徴を示して注意喚起する。
5.職場…職員向けに飲酒運転防止の研修を行ない、アルコールの基礎知識を伝える。
  とくに、10代〜20代前半の若者を採用する職場では、若者たちの事故の特徴を示し注意喚起する。
6.若者の来店が多いカラオケ、コンビニ、居酒屋など…車で来店した顧客の飲酒運転が起きないよう、対策を講じる。

PDF版はこちら(452KB)