HOME
 
アルコール健康障害対策基本法
 
アルコール依存症
 
うつ・自殺とアルコール
 
薬物乱用
 
イッキ・アルハラ
 
飲酒運転
 
AC
 
妊娠とアルコール
 
予防プログラム
 
自分らしく生きるための道具箱
 
アスク・キッズ
 
アルコール・ルパンを追え!
 
ASKの本
 
目次
 
 アルコール健康障害対策基本法 ついに成立!
ASK通信 号外2013年12月9日 より
 
国会の様子
左:衆議院本会議(2013年11月21日)中・右:参議院本会議(2013年12月7日)
 
「投票の結果を、報告いたします。投票総数177、賛成177、反対0、よって本案は全会一致をもって可決されました」
 参院本会議で「アルコール健康障害対策基本法案」が可決されたのは、12月7日の0時25分でした。これが今国会で可決された最後の法案となりました。
 同法が衆院を通過したのは11月21日でしたが、会期後半は与野党の激しい攻防に突入。その荒波にもまれながら、アルコールの基本法という小舟が、奇跡のように岸にたどり着いた瞬間です。
 アルコール医療関連のメーリングリストには、お祝いの声が続々と寄せられました。真夜中にもかかわらず、大勢がネットの審議中継を見守っていたのです。
 この法律は、さまざまな立場の人の熱意と協働なくして成立しませんでした。
 最初に動き出したアルコールの三学会。アル法ネットに全国から集結した賛同団体。超党派議員連盟の議員の方々が党利党略を超えて気持ちを一つにしたこと。各地の断酒会などによる地元議員や議会への働きかけ。アル法ネットの事務局を担ったASKは、ホームページなどで情報を日々更新し、議員への説明資料を徹夜で用意し、あちこち駆け回りました。
 同法は6ヵ月後に施行となります。まずは2年以内に、国としてのアルコール対策の枠組みを定める「基本計画」の策定が行なわれます。この基本計画は、専門家・回復者・家族による関係者会議の意見を聞いた上で策定されます。
――関係団体が基本法制定に向けて活動を始めて3年あまり、ついに、日本のアルコール対策の新しい夜明けです。
 

ASK通信は、年4回発行の会員向けの会報です。
会員制度についてはこちら

ASKが発行する季刊誌『Be!』では、基本法や基本計画の内容、
啓発週間の報告、自治体の動きなど、関連記事を毎号掲載しています。

 
基本法トップページに戻る