HOME
 
アルコール健康障害対策基本法
 
アルコール依存症
 
うつ・自殺とアルコール
 
薬物乱用
 
イッキ・アルハラ
 
飲酒運転
 
AC
 
妊娠とアルコール
 
予防プログラム
 
自分らしく生きるための道具箱
 
アスク・キッズ
 
アルコール・ルパンを追え!
 
ASKの本
 
目次
 
機能不全家族のルール
AC(アダルト・チャイルド)は、Adult Child of Alcoholics(アルコール依存症家族で育った人)、あるいはAdult Child of Dysfunctional Family(機能不全家族で育った人)の略です。それでは、機能不全家族とは、どんなものなのでしょう?
子どもが育っていくためには、十分に愛され、受けとめられ、リラックスできる場が必要です。もちろん、どの家庭にもさまざまな問題は起こり、このような機能がいつも果たせるわけではありません。問題となるのは、こうした「機能不全」の状態がシステムとして固定してしまった場合で、アディクションに侵された家族は、まさにその典型と言えます。両親の不仲や親の情緒不安なども同じような状態をつくり出します。
機能不全家族には、次のような暗黙のルールが支配していると、クラウディア・ブラックは述べています。

<話すな>問題について話し合うのはよくない。

<感じるな>感情を素直に表わすのはよくない。

<信頼するな>人を信じてもろくなことはない。

機能不全家族で育った子どもは、小さい頃から親に十分甘えたり、のびのび遊ぶ機会を与えられないことがしばしばです。両親のいさかいに巻き込まれたり、いつも自分のことは後回しにされたりします。幼い頃から家庭内の緊張を感じとり、なごむように冗談を言ったり、親のグチの聞き役や世話役になったり、不安な状況を避けるため片隅で息をひそめたり、「いい子」になることで自分の存在を認めてもらおうと苦しい努力を重ねたりします。逆に「悪い子」を演じることで親の問題を見えなくさせる役目を果たしている場合もあります。
子ども時代に身につけた生きる手段は、その人の個性・能力・特技として発揮される一方で、その人をがんじがらめに縛る鎖ともなります。たとえば、リラックスするのが苦手だったり、自分の気持ちを表現できなかったり、他人の問題まで自分の責任として引き受けてしまったり、という風に。こうした中で、ある人は仕事にのめり込み、ある人は世話をする対象を求め、ある人は緊張をとくためにアルコールや薬物に依存していきます。こうして、多くの人が、自分の育った家庭と同じような問題を再現することになります。
あなたの中の機能不全のルールをひっくり返して、健康なルールに置き換えましょう。

<話す>問題を隠さず、オープンにする。適切な人に助けを求める。相談する。

<感じる>感情はあなたの内側からのメッセージ。抑えこまず、小出しに表現する。

<信頼する>世の中捨てたものではない。人とつながる。信頼できる人を見つける。

どうですか? このルールのほうが、ずっと楽に生きられると思いませんか? 次に、あなたが家族の中でどのような役割をとり、どのように危機を生き延びてきたかを見てみましょう。

自分をふりかえるためのチェック項目にトライしてみてください。タイプごとにアドバイスも載っています。